観月あこが頼る 数霊占術師「川奈の神様」の教え

 

生涯収入は推定300億円超え。

しかもイケメン、世界屈指のスポーツ選手で名声もある。

そんなカレを射止めた彼女は、ある著名な占い師のもとを訪ね、「愛される女性になるための助言」を受けていた。

観月あことテニス観戦する観月明希氏

 

観月は交際後すぐに芸能界を引退。

友人にも知人にも会えない中、錦織のツアーに一年中つきあい、婚約者としての日々を送っている。

錦織をつかんで離さないその握力の源に、1人の女性の存在があった。

 

◆卑弥呼も使った秘儀

「観月明希(あき)先生という『数霊占術』を扱う占い師です。

あこちゃんは、何か転機が訪れると観月先生に相談してきたそうです。

『観月あこ』の芸名も、先生の名前の一部をもらったんでしょう。

一部では“新興宗教”を信奉しているかのように報じられましたが、それは全然違います。

政治家や芸能人をはじめ多くの著名人が通う有名なかたですよ。

あこちゃんが錦織くんと交際しようか悩んでいる時にアドバイスしていました」

(観月を知る芸能関係者)

 

観月明希氏は、静岡県伊東市・川奈で運命カウンセリングや浄霊を行う、「川奈の神様」とも称される人物だ。

東京・阿佐谷にも相談所があり、1か月先まで予約で埋まっている人気ぶりだという。

 

「30代の頃、夫の暴力に悩み離婚してから修行を積んだかたです。数霊占術や、オーラ、霊感をあわせて観ることで、相談者の悩みを解決されています。

東日本大震災の時も地震が起こる前に危険を口にされていました。

人の相性などはもちろんですが、行方不明者の居場所をあてたり、原因不明の偏頭痛を治したりということでも評判です。

観てもらうのは1万円が基本で、浄霊だと3万円ほどでしょうか。現在、全国に1000人近い弟子がいます」(観月氏の弟子)

 

数霊占術の歴史は縄文時代までさかのぼる。

仏教などの外来宗教の影響を受ける前の神道『古神道』の秘儀で、「数には魂が宿る」という思想のもと生まれた占術だ。

邪馬台国を統一した卑弥呼も、数霊占術師であったという説もある。

 

それぞれの流派により鑑定の方法は異なるものの、生年月日、姓名、住所を1から9までの数に変換し、その人の現在の状態と併せて占う。

 

例えば、1973年8月15日生まれなら、「1+9+7+3+8+1+5=34」なので、「3+4」=「7」。

姓名では、画数の合計が「20」なら「2+0」=「2」という具合だ。住所も何丁目何番地何号の数字を見て、住んでいる場所と自分の相性を知ることができるという。

 

「数霊占術では、例えば1なら『水』というように数字が意味合いを持っています。

それらの数字の組み合わせで、人間関係からたとえば両親の性格まで導き出せます。簡単にいうと2017年は数字に変換すると“1”。今年は水に気をつけた方がいいというわけです」(前出・弟子)

 

観月明希氏に話を聞いた。

背筋がピンとのび、ハッキリと大きな声が印象的だ。

70代半ばというが、どうみても10才は若く見える。

 

──観月あこさんから錦織圭さんの相談を受けていらっしゃると聞きました。

「相談のお話を詳しく話すわけにはいきませんよ」

 

──どうしたら観月さんのように、いい相手を見つけられるのかと。

「彼女はとてもいいオーラを持っている。友人を大切にして、お年寄りにも優しい。錦織さんとの相性はとてもいいですよ。いいパートナーに間違いなくなりますよ。心配いりません。

彼女が“彼に与えられる人”になれるようにアドバイスしたことはあります。周りの雑音に流されずに、しっかり最高のパートナーになりなさい、と。結婚はね、それはまだ言わなくていいでしょう(笑い)」

 

──最高のパートナーになる秘訣はなんでしょうか?

「女性は『清潔』『素直』『華やか』に、そして『好奇心を強く持って』生きなさい。この4つが大切なんです。女性って気が強いんですよ、でも大切なのは素直になれるかどうかです。

男性は『健康』『働き者』『正直』『恥を知る男』。これが最高の男性ですよ。

私は “自分は何のために生まれてきたのか”“何の意味があって今生きているのか”をお教えしています。自分の役目を知って、清く正しく美しく生きることが大切だと。

だから、数霊占術を学んだかたはみなさん美しく、素敵になってしまうんですよ。自分を見つめてぜひ頑張ってください」

 

けがのため今季の残り全試合の欠場を決めた錦織圭(27才)。

 

「来期ツアーの復帰に向けて年内はしっかりと治療に専念するようです。日本には戻らずにずっとフロリダにいる予定だと思います。

恋人の観月あこさん(25才)がつきっきりで支えていますよ」(ふたりの知人)

 

交際から約2年半、“パートナー”として暮らすふたり。結婚も「カレ次第」といい、秒読み段階に入っているようだ。

 

「錦織さんの両親はまだ反対しているようですけどね。試合で結果を残したら説得できると二人三脚で頑張っているんだと思います。

観月さんは交際を始めた当時、芸能活動をしていたこともあり、過去の男性遍歴や交遊を取り沙汰されたため周囲の評判がイマイチで…。本人は前向きなタイプなので、意に介していないようですけどね」(スポーツ紙記者)

 

先日、米経済誌『フォーブス』が発表した2017年「テニス長者番付」で3位にランクインした錦織。年収は3390万ドル、日本円で37億3200万円だという。

 

「テニスだけではなく世界のスポーツ選手の長者番付で26位。けがで欠場中でも、スポンサー契約は17社にものぼり、他にもオファーが絶えません。

それだけに観月さんは、“お金目当ての交際”“お金にしがみついている”といわれるなど、当然やっかみも多いんでしょう。実際は、彼女の実家は事業を営んでいて相当裕福な家庭です。

お金目当てということじゃなさそうですけどね。

どちらにしてもスゴいのは、非難されても両親に反対されても、錦織さんが彼女と別れないこと。

何を忠告されてもブレずに彼女を選んでいるわけですから、それだけ信頼しているということでしょう。相当な彼女だと思います」(前出・スポーツ紙記者)

 

はたして観月あこさん・・師匠の教え通り幸せをつかむことが出来るんでしょうか?

 

 



-スポーツ, 話題
-, , , ,