鈴木砂羽・豊田真由子に共通する「激昂癖」

 

 

鈴木砂羽“土下座降板”だけじゃない!共演者凍った激昂騒動

 

「今年2月にうちの事務所が主催した舞台が増席するほど好評で、そういう舞台がやりたいと脚本家の江頭美智留先生から相談がありました。

そこでうちの女優2名をお貸しするかたちで始まった話でした。

看板となる女優が欲しいという話をしたところ、江頭先生が『最近、鈴木砂羽さんからメールが来る』と話していたので、『それなら主演は鈴木さんでいいじゃないですか』ということになった。

鈴木さんは主演を受けてくれたのですが、演出も自分でやりたいと言い出して……」
そう語るのは、鈴木砂羽(44)の演出・主演舞台『結婚の条件』を降板した鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が所属する事務所の関口忠相社長だ。

 

鈴木は並々ならぬ情熱をこの舞台に注いでいたという。

「鈴木さんは今回が舞台初演出。彼女は以前から、来年には自身のプロデュース公演をしたいと公言していました。今作をその足掛かりと考えていたようです」(演劇関係者)

だが、その“やる気”は時に空回りしているかのように見えたという。

「舐められたくないという思いが強かったためか、舞台の稽古初日から威圧的に見えました。

8月初頭に、本読みが始まったのですが、鳳さんと牧野さんは9月から始まるネットドラマの撮影のために、稽古に来られないことがあった。

ここで甘い顔を見せてはいけないと考えたのではないでしょうか」(前出・演劇関係者)
関口社長は、当初から鈴木の演出家としての手腕に疑問を抱いていたという。

 

「演出経験の少ない鈴木さんは、自分が連れてきた女性演出助手に頼りっぱなしでした。

一方の演出助手は鈴木さんの言いなり。

演出助手が『食えない劇団員のために鈴木砂羽が演出してるんだから』と、ウチの女優も含めてみんなの前で言ったときにはびっくりしました」

鈴木は稽古で、“女王”のように振る舞っていたという。

「初日が近づくにつれて、イライラが激しくなってきて。鳳さんと牧野さんに『何で役の心情がわからないかなぁ!』と、よく怒鳴っていました」(前出・舞台関係者)

 

鈴木は以前から、許せないことがあると激昂する癖があったと語るのは芸能関係者だ。

「鈴木さんはプロ意識が高いぶん、いい加減なことが許せなかったようです。

ある連続ドラマの制作発表で、出演者の控室が全員同じ大部屋だったことがあったんですが……会見が終わり、控室に戻ると鈴木さんのバッグが置きっぱなしになっていたんです。

すると付き人を控室の外に呼び出して、『盗まれたらどうするのよ!』と怒鳴っていました。

ミスだとしても、そこまで怒鳴ることかと、共演者たちは凍り付いたと」

舞台への強い“情熱”と“激昂癖”。

両者が重なり合い、共演者との軋轢を生んでしまったのかもしれない。

豊田議員も記者会見で言っていたように「自信がないことの裏返し」なんでしょうかね・・・

 

 

看護師さんのブログに面白い事が書いてありました。

 

喜怒哀楽という感情のなかで、もっとも激しい感情が「怒り」の感情。

何かがきっかけで感情がヒートアップし、相手に対して攻撃的な態度をとってしまう。
それが「怒り」。

一見理不尽なように見える怒りも、その裏には別のメッセージが隠されていることが多いんです。

 

他者に対して攻撃的な人は、自分の不安を認めたくないために、その感情を、怒りやイヤミなどの攻撃的な感情に“置き換えて”いるといわれています。

 

採血の例でいえば、「採血を繰り返しているけれど、自分の身体は本当に大丈夫なんだろうか・・・。無事に退院できるのだろうか・・・」という不安感を、私たち看護師にぶつけてきてるんですね。

 

これを難しい言葉で「防衛機制(ぼうえいきせい)」と呼びます。

「防衛機制」とは、自分が危機的な状況に陥ったときに、自分の心がおかしくならないように、心そのものが色々な手段を使って、自分の心を守ろうとする行動を指します。

 

防衛機制から生まれる行動はいくつかありますが、怒りに結びつく行動としては以下の三つがあげられます。

 


1、置き換え

あなたが不安や恐怖を感じた場合、その不安や恐怖を、元々の原因となる人ではなく、代理となる人にぶつける心理です。
先ほどの採血の例でいえば、
「採血を繰り返しているけれど、自分の身体は大丈夫なんだろうか・・・。無事に退院できるのだろうか・・・」
という不安感を、担当医師ではなく、看護師にぶつけてきたケースだといえます。

 

 

2、合理化

 

自分の正当性を確保するために、自分に起きたよくない結果に対して、何かと理由をつけたり、ほかのことに責任転嫁をすることです。
たとえば、仕事がうまくいかない場合に、「仕事がうまくいかないのは、自分の可能性を引き出してくれない上司のせいだ!」などと他人に責任転嫁をすることで、自分の失敗を認めないケースなどが当てはまります。

 

 

3、投影

 

あなたが誰かを嫌っている時、「相手こそが自分のことを嫌っているのだ」と思い込むことを指します。
誰かに対する嫌悪感をもち続けると、自分の心が疲弊してしまいます。
そのため、自分の心が少しでも楽になるようにと、元々は自分の中にあったはずのネガティブな感情を、「相手こそがもっていた感情」だと思い込むんです。

 


 

 

「投影」という防衛機制をもう少し詳しく説明しましょう。

たとえば「私は上司が嫌い!」という感情が、いつの間にか「上司こそが私を嫌っている!」という思い込みにすり替わっているケースを指します。

つまり、「私は皆から嫌われている・・・」と思っている人は、実はその人自身が周りの人のことを嫌っている可能性があるんです。

 

防衛機制とは、心を守るためのメカニズム。

ただ、多くの理不尽な怒りは、この防衛機制が暴走することで起きているのです。

 

怒りが発生するほかの理由として、自分が相手に求めていたものが、自分の期待値に届かなかったから、ということがあります。

 

たとえば、以下のようなケースです。

 

あの新人、俺の前では「必ず、いい結果を出します!」って張り切っていたのに、何の成果も出してないじゃないか・・・!

私の彼、私の誕生日には「素敵な旅行に連れて行くよ♪」って言ってくれていたのに、結局、どこにも連れて行ってくれなかった・・・!

 

京都大学の教育学研究科 准教授の野村理朗(みちお)さんによれば、怒りというのは、以下の言葉で定義付けられるそうです。

怒りの定義は、自分自身の気持ちや身体を、物理的、社会的に攻撃されたり、侵害されたと感じたことによって生じるネガティブな感情。

引用元:まずはメカニズムを知ることから!うまくつき合いたい怒りの感情

 

この定義を参考にすると、「相手に求めたものが自分の期待値に届かなかった」と感じることは、「自分が本来得るべきであった権利を得られなかった!侵害された!」と感じることとイコールだといえそうです。

 

また、相手に何かを強く求める人ほど、その期待値とのズレが大きくなりやすく、怒りやすくなるともいえますね。

 

怒る人の心理を分析した書籍「人はなぜ怒るのか?」でも、イライラしやすい人のパターンを次のように解説しています。

実は、イライラしやすい人というのは、ものごとを自分の思い通りにしたい、コントロールしたいという気持ちがとても強く、しかし、それらが実現することはほとんどないので、満足感を得にくいのです。

引用元:書籍「人はなぜ怒るのか?(著:藤井 雅子)」

 

イライラする人ほど、理想が高すぎて、結果的に満足しない・・・。

 

やっぱり両者に当てはまってしまっていますね。

 

 

金融系会社のコールセンターで働いている女性オペレーターの方が、

「一時間に60本の電話がノルマ」

「電話で怒鳴られるのは日常茶飯事・・」

という過酷な環境の中で、いかにして借金を回収していくかというストーリーが描かれたノンフィクションが描かれた本があります。

 

この本の中では、心理学研究家の「スーザン・フォワード」さんの書籍を引用する形で、人間が無意識的に動いてしまう理由には、三つの要素があると説いています。

 

それは、以下の要素です。


●人間が無意識に動いてしまう三つの要素

  1. 恐怖心(Fear)
  2. 義務感(Obligation)
  3. 罪悪感(Guilt)

 

そして、これらを三つまとめて「FOG」と呼んでいるのです。

「FOG」とは、英語で「霧」のこと。

無意識的な状態を“霧”という言葉で表現するあたりがうまいですね。

で、実際のところ、カーッとしやすい人というのは、無意識的にカーッとしている場合もあります。

ですので、そういう人に対抗するには、相手の無意識下に響く対策を講じる必要があるんです。

 


 

では、この三つの要素を「借金の取り立て」に当てはめて考えてみましょう。

たとえば、「恐怖心」を刺激する取り立てを考えてみてください。

おそらく、怖い人を使って脅すような取り立てを思い浮かべると思います。

「いつ、借金を返すんじゃ~!ワレ~!」的な口調で話す●ナミの帝王を思い出したりませんか?

実際のところ、そういった取り立てをおこなっていた一部の業者さんもあったそうなのですが、近年、法律が改正されたことで、そうった荒い取り立ては罰則の対象となりました。

 

そこで、次に注目されたのが「義務感」を刺激する取り立てです。

「お客様が使われたお金ですから、お支払ください」

という言い方で正攻法で取り立てをするという作戦です。

ただ、ストレートに相手の義務感を刺激すると

「そんなの分かってるよ!返せないから困ってるんだよ!」

と反発される可能性があります。

 

 

うーん、どちらもうまくいきそうにありません・・・。

そこで、残る「罪悪感」を刺激する取り立てを考えてみましょう。

実は、「督促OL 修行日記」の著者さんは、罪悪感を刺激する方法こそオススメだと仰っています。

それは次のようなテクニックでした。

「約束を相手にさせる」というもの。

本書の中で、著者さんは、相手に「いつなら返済できるのか?」という日時を言わせると、取り立てがスムーズに進んだ、と仰っています。

なぜ、返済日時を相手に言わせるといいのでしょうか?

それは、相手主導で約束を取り付けられれば、もし相手が約束を破ったとき、相手に罪悪感を感じてもらうことができるからなんだそうです。

なぜ入金日と入金根拠をお客さまの口から言ってもらうのかというと、万が一入金の約束を破られてしまった時に、お客さまの口から日時を言ってもらっていれば「お客さまがおっしゃるからお待ちしていたのに~」と相手の罪悪感をちょっぴり刺激することができる。

引用元:書籍「督促OL 修行日記(著:榎本 まみ)」

おもしろいテクニックですよね。

罪悪感を感じると、どれだけ怒っている人であっても、「あ、そういえば、俺も悪かったかも・・・」と一瞬冷静な思考に戻ります。

それによって、怒りのエネルギーも緩和されるわけです。

なので、もし、あなたが上司から何か仕事を頼まれた際は、あらかじめ、何らかの約束を取り付けておくといいかもしれないですね。

 

怒りが発生するのは、相手に求めたものが自分の期待値に届かなかったときだとお話ししました。

そして、相手に何かを強く求める人ほど、その期待値とのズレが大きくなりやすく、怒りやすくなるともいいました。

 

そこでオススメしたいのは、相手に過度な期待をもたない、ということです。

相手の性格を変えるのは大変です。

「相手がこっちの言うことをなかなか理解してくれない・・・」ということで悩むのであれば、あなた自身が変わることで、あなたの中にあるイライラだけでも解消しやすくしましょう。

そのためには、仕事や恋愛の相手であっても「この人ならきっと自分の望む結果を出してくれる!」という過度な期待を抱かないことが大事です。

 

これはけっして「人を信じてはいけない」というわけではありません。

あくまでも、相手に対する期待値を最初から下げておけば、もし、相手がすごくいい成果を出してくれたのなら、喜びは何倍にもなるということです。

つまり、誰にとってもプラスになるんです。

(以上「ナースが教える仕事術」より)

 

いかがでしたでしょうか?

お二人にも読ませてあげたいですね。

 

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,