豊田議員、反省モードも涙のち「宿敵に半ギレ」で本性

 

元政策秘書への「このハゲーっ」などの暴言・暴行疑惑で自民党を離党し、埼玉県警から事情聴取を受けた豊田真由子衆院議員(42)が18日、自身の選挙区である埼玉4区の新座市内で会見した。

支援者向けの会合にも出席し、6月22日発売の「週刊新潮」で報じられて以降、初めて公の場に姿を見せた。

騒動を涙を流しながら謝罪し「恥をさらして生きていきたい」と議員続行を宣言したが、最後に「新潮」から追及を受けると、キレ気味に反論する場面もあった。

会合が開かれた会場には報道陣ややじ馬が計200人集結。

 

反支持者が「税金、返せ~」「議員やめろ~」と叫ぶ中、豊田議員は会場入りした。

若者の「ハゲー」の声が飛び、子供が走り回るお祭り状態だった。

騒動開始から3カ月。

会見で長い沈黙を破った豊田議員は謝罪。

精神的な不安定を理由に入院しており、この日も病院から会場入りしたと説明し「耳鳴りが…」とうずくまる一幕もあった。

「楽な道であれば議員をやめてしまった方がいいと思いますが、孤独の中で、恥をさらしながら生きていくのが大事と考えた」

と議員続行を表明。

 

10月にも実施されると見られる衆院選にも「選挙に受からなければ議員は続けられない」と事実上の出馬を宣言した。

前日17日放送のフジテレビ系情報番組「Mr.サンデー」でインタビューに応じた際は、元秘書にミスが続出していたことが暴言暴行のきっかけだったと説明していた。

 

だが、この日は

「(元秘書に)弁護士を通じて誠心誠意、対応していますが、刑事事件については言及できない」

と詳しく語らず。

 

暴行について部分的に否定し「刑法上の罪に問われるとは考えていません」とした。

終始、反省モードだった1時間半の会見の最後。

“宿敵”「週刊新潮」記者からの質問に眉毛をつり上げ半ギレとなった。

 


【もしもアフィリエイト】ってなに?


「お前の娘が通り魔に強姦されたらどうするんだ」と発言した事実を、豊田議員が当初否定していたことを追及され、「『(お嬢さんを脅迫しようという)趣旨で申しあげたのではありません』と返したのです」と反論。

 

質問の応酬は平行線のまま打ち切りとなった。

会見に先駆けた支援者向けの会合は、厳しい意見も飛んだが応援ムードが漂った。

豊田議員が「主人から『下品な言葉を言うんじゃない』と怒られた」と明かす一幕もあったという。

 

 

マツコ・デラックスは、報道側にも問題があるとし

「あんなに四六時中、バーってやって、やりすぎちゃう」

「本来考えるべきこととかは関係なしに、あれをみんなでワッショイワッショイってお祭りのように楽しむ」

「終わったらもうどうでもいいっていう、繰り返しをしちゃってる」

「ネットが炎上してっていうのと同じことを、テレビのワイドショーがしちゃってる」

「本当かどうかも分からないことをワーっとおもしろがってやって、あとはもうどうでもいいですけど…みたいな」

と苦言を呈した。

 

女装家のダイアナ・エクストラバガンザは

「この期に及んでまだ2日間だけのことみたいなこと言ってる。ずいぶんと厚かましいというか…。あれね、2日間しか言ってない悪口雑言じゃないですよ。あれは手だれ。しょっちゅう言ってるわよ」

と指摘しました。

 

全く同感です。

「どうかしていた・・・」なんて・・・いつもの事だったんでしょ。

 

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,