デビス杯ブラジル選手 日本人線審に「人種差別」行為 !?

 

男子テニス、国別対抗戦デビスカップ(Davis Cup 2017)のワールドグループ・プレーオフで日本と対戦しているブラジルのギリェルメ・クレザル(Guilherme Clezar)は16日、細い目をまねたようにもとれる仕草について謝罪した。

24歳のクレザルは、杉田祐一(Yuichi Sugita)に6-2、7-5、7-6で敗れた15日の一戦での出来事で、厳しい状況に置かれる可能性もある。

 

しかし、同選手は人種差別的な意図はなかったとしている。

線審の判定に対するチャレンジに成功した後、クレザルはあたかも線審を批判するかのように両目を手で横に引っ張った。

このジェスチャーはテレビ映像にもとらえられたが、クレザルはブラジルテニス連盟(CBT)のフェイスブック(Facebook)のページで、日本人を侮辱するつもりはなかったと明かした。

「これまでに、攻撃的で人種差別的で嫌悪的なことをするような意図を、アジアの人々に対してまったく持ったことはないと強調ししたい」

「わたしたちはこちらで非常に素晴らしいもてなしを受けており、ツアーではさまざまな国からやってきているすべてのテニス選手と最高の関係を築いている」

「まったく傷付けるつもりはなかったものの、あのジェスチャーは敬意や熱意、連帯、信条、そして私たちにとってスポーツが意味するさまざまな物の考え方が、本物だと思えるようなものではないと自分でもわかる。

痛恨の念とともに心から謝罪します」

 

国際テニス連盟(ITF)はコメントを出していないものの、ブラジルのメディアによるとITFとCBTの役員が16日に会合を行う予定だという。


【もしもアフィリエイト】ってなに?


クレザルは現在世界ランク244位で、主にチャレンジャーツアーで転戦している。

 

MLBでやったら即退場ですね!!

 

野球、卓球、バドミントン、バレーボール・・・いわゆる人の目でアウト、セーフの判定するスポーツはいっぱいありますが、テニスプレーヤーは特に「上から目線」ですね。

チャレンジ制度を導入しているものもありますが、チャレンジして判定が覆ってもそれに対して審判にあてつけるような行為は許されるべきではありません。

MLBでも観たことがありません。

 

テニスプレイヤーって、伊達公子さんでなにか印象が悪くなってしまいました。

あなたの功績(?)は大きいですよ・・・

 

 

-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, , , ,