東京五輪で初採用 スポーツクライミング世界ユース選手権の結果がすごい!!

 

 

スポーツクライミングの世界ユース選手権(オーストリア・インスブルック)は2日、ボルダリングの男子ジュニア決勝で

19歳の緒方良行(福岡県連盟)が優勝、

18歳の楢崎明智(栃木県連盟)が2位に入った。

 

またリードの男子ジュニア決勝では

19歳の緒方良行(福岡県連盟)が優勝、

18歳の楢﨑明智(栃木県連盟)が2位。

 

そして、コンバインドの男子ジュニア決勝で

楢崎明智(栃木県連盟)が優勝。

2位の緒方良行(福岡県連盟)と三度ワンツーフィニッシュを飾った。


【もしもアフィリエイト】ってなに?


 

また女子コンバインドのユースB決勝は

1位に谷井菜月(奈良県連盟)、

2位に森秋彩(茨城県連盟)、

3位に伊藤ふたば(岩手県協会)が入り、表彰台を独占しました。

オリンピックの種目になってスポーツクライミングもだいぶメジャーになってきましたね。

競技人口も増え「日本人」の体型に合っている競技ではないかと思います。

 

東京オリンピックまでますます磨きをかけていってください。


 

 

-スポーツ
-, , ,