山尾志桜里 やっぱり幹事長撤回は「9歳下弁護士との禁断愛」

 

どうしてこうも「不倫」の記事が多いのか・・・

幼少からエリートコースで免疫がないんでしょうね。

 

前原誠司新代表率いる民進党で幹事長に一度は内定したものの、9月5日の両院議員総会当日、一転無役となった山尾志桜里衆院議員(43)。

前代未聞の人事撤回の背景には、「週刊文春」9月7日発売号に掲載される山尾氏の「禁断愛」の記事があるという。

 

9月2日、幹事長に内定した夜、山尾氏は都内の高級ホテルにひとり姿を見せた。

白いシャツにデニムパンツというラフな格好で現れ、チェックイン。

それから約20分後、黒いキャリーケースを引いたイケメン男性がホテルのエントランスに姿を見せた。

この男性はテレビのコメンテーターなどでも知られる弁護士の倉持麟太郎氏(34)だ。

赤ワインやビールを買い込んだ彼は、彼女が待つ36階のダブルルームへと消えて行った。

 

2人がチェックアウトしたのは翌日早朝のことだった。

 

「9月3日、週刊文春から取材をうけた後、山尾氏は前原氏から事情聴取を受けた。

山尾氏は『そのようなことはありません』と頑なに否定したそうです。

一度は代表代行に据える方針に決まりかけましたが、結局、前原氏はスキャンダルから守り切れないと判断。山尾氏の執行部入りを断念しました。

両院総会にヒラ議員として出席した山尾氏は明らかに不満げな様子でした」(民進党関係者)

 

「週刊文春」取材班は、9月1日の代表選の最中を含め、2人の密会を週4回確認している。

山尾氏の事務所は文書で次のように回答した。

 

「(倉持氏との男女関係について)そのような事実は一切ございません。仕事上の関係です」。

 

文春に嗅ぎつけられているにもかかわらず、続けているとは・・・

それなりの立場に就こうとするならもっと「ガード」固めておいてくださいね。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,