「あの素晴しい愛をもう一度」・・やり直せる愛・・ 加藤和彦 北山修

2018/12/04

 

フォーク界の名曲ですね。

北山修が作詞、加藤和彦が作曲し2人の連名で発表し1971年4月5日にレコードが発売されました。

 

シモンズのデビュー曲を依頼された加藤・北山コンビが、加藤が作曲に1日、北山が作詞に1日で作り上げたそうです。

加藤は北山から送られてきた歌詞を見て北山に電話をし「最高だよ最高」とはしゃいだと、北山が加藤の追悼文に記しています。

結局、シモンズには別の曲が用意され、この楽曲は加藤と北山で歌うことになりました。

やっぱり失恋の歌なんでしょうか?

まだ、二人は一緒にいますよね・・・

 

「ある恋人もしくは夫婦が、時がたつにつれて愛情が薄れていく事に気付き、過去の2人の関係を振り返る・・・。」



だから、もう一度やり直せるんです。

どう思いますか?

 

作者の一人加藤和彦は2009年10月17日 - 長野県軽井沢町のホテルで遺体となって発見された。

死因は首吊りによる自殺と見られている 享年63(満62歳没)。

2009年12月10日 - 北山修・坂崎幸之助主催で「加藤和彦さんを偲ぶ会 KKミーティング」が行われる。生前の関係者が多数参加し、500名程が参加した。

遺書には「世の中が音楽を必要としなくなり、もう創作の意欲もなくなった。死にたいというより、消えてしまいたい」と綴ってあったという。

 

誠に残念です。

 

 

 

-いい話, エンタメ, 邦楽, 音楽
-, ,