怒られた経験がない・・「辞めたい」今井議員が漏らす?

妻子ある橋本健・元神戸市議(37)と略奪不倫疑惑を報じられた、自民党・今井絵理子参院議員(33)が追い詰められている。

ついに、自ら「バッジを外したい」と漏らしているというのだ。

 

政治関係者は

「週刊誌で『新幹線手つなぎ爆睡』や『ホテルをパジャマでうろつく姿』を撮られるという脇の甘さに、自民党の重鎮が激怒。

今井議員は呼び出しを食らい、事情聴取を受け、厳重注意されたようです」

と声をひそめる。

 

これが、今井の心を傷つけたようだ。

 

「今井議員は小さいころからスーパーアイドルとして活躍していたこともあり、これまで褒められてチヤホヤされることはあっても、怒られた経験がない。

しかも、メディアにこれだけ叩かれたことも初体験。覇気がなくなり、周囲に『もう議員なんてイヤだ』と泣きを入れているようです」(同)

 

そもそも今井の国会議員としての資質を疑う声は、当選直後からあった。

沖縄県生まれながら、米軍基地問題について自らの見解を述べることができず「これから勉強します」と繰り返すばかり。

まともに政策を話すことができないどころか、立法府の仕組みさえも理解できていない状態だったという。

 

さらに、当選から1年たったが、国会での質問回数は4回だけ。

 

「実力のなさ、政治家に向いていないことは、本人が一番わかっているようです。

かといって、真剣に勉強しようという気もサラサラなく、不倫に明け暮れる体たらく。

さらにそれが報じられると、一目散に逃亡して国民への説明も果たさない。

みっともないとしか言いようがありません。このまま議員をやっていても、自民党のイメージが悪くなるだけ。

今井議員が所属する麻生派の派閥関係者は今井に辞められては困ると、強く慰留するでしょうが、そのほかの自民党関係者は早く議員辞職してもらいたいというのが本音のようです」(同)

 

2016年夏の参議院選挙では看板候補として約32万票を獲得。

 

自民党比例選出議員としては、5番目の得票数という貢献ぶりだったが、いまやお荷物に成り下がってしまったというわけだ。
10月には青森4区、新潟5区、愛媛3区の3選挙区で衆院補選が行われるばかりか、年内の衆議院解散がささやかれている。

 

自民党にとって、これ以上のイメージ悪化は避けたいところ。近く、今井が一般人に戻る日が来るかもしれない。

 

政治家でも芸能人でもなくほんとの一般人になるんでしょうね・・・

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,