太田光が日野氏に不快感、テレビでラジオで批判連発

 

爆笑問題の太田光(52)が、男子中学生に対するビンタ制裁で賛否を呼んでいるジャズトランペット奏者の日野皓正氏(74)に対する批判を繰り返した。

 

TBS系「サンデー・ジャポン」は一連の報道を取り上げ、日野氏が取材に対し

「あんたたちさ、こういう(報道)ことやって日本の文化をダメにしている。お前らが。だから文化が低迷している」

などと報道を批判したVTRもオンエアした。

 

医師でタレントの西川史子は日野氏のビンタ制裁について

「理由があるからやってる」と理解を示し、報道批判についても「文化をダメにしてるって、すごくよくわかります」と同調。

 

しかし太田は

「大した音楽家じゃないでしょあの人。だってコミュニケーションするのにビンタしなきゃいけないんだったら大した音楽家じゃない」

と不快感をあらわに。

 

太田の強い口調に出演者たちが静まる場面があった。

 

太田は続けて同日放送のラジオ番組「爆笑問題の日曜サンデー」でも日野氏を批判。

「あんなのどう考えたっておかしいじゃん。なぁ? 往復ビンタだよ?」

とコメントした。

 

さらに日野氏の報道批判についても気に入らなかった様子で、

「文化がどうこう言うなって。お前が暴力振るったのは文化とは関係ねぇって話だよ。世界的だかなんだか知らねぇけど、大したことないんじゃないの、って話だよ」

とバッサリ。

 

田中から「大した音楽家だよ」と制されるも、

 

「大した音楽家なんだろうけどさ。べつに俺だって大した芸人じゃないけど、アイツよりはマシだなって思って。それだけの話だよ」

と語った。

 

太田光さんもいいこと言いますね。

 

全く同感です。

今や体育系の世界でも「暴力」は厳禁です。

まして、感受性の高いであろう「音楽」の世界での「暴力」はいかがなものでしょうか?

 

音楽家としての日野氏と指導者としての日野氏・・・体育系の世界でもそうですがどちらにも優れているとは言い難いのでは・・・

 

 



-話題
-, ,