[感動] オリンピック史上最も遅いマラソン記録

1911年(明治44年)、金栗は翌年に開催されるストックホルムオリンピックに向けたマラソンの予選会に出場し、マラソン足袋で当時の世界記録(当時の距離は25マイル=40.225キロ)を27分も縮める大記録(2時間32分45秒)を出し、短距離の三島弥彦と共に日本人初のオリンピック選手となった。

 

翌1912年(明治45年)のストックホルムオリンピックでは、レース途中で日射病により意識を失って倒れ、近くの農家で介抱される。

金栗が目を覚ましたのは既に競技が終わった翌日の朝であった。

このため金栗はレースを諦めざるを得ず、そのまま帰国した。

 

金栗が倒れた直接の理由は日射病であるが、それ以外にも様々な要因があった。

  • 当時、日本からスウェーデンへは船と列車で20日もかかったため負担が大きく、さらにスウェーデンは緯度が高くオリンピック開催期間はほぼ白夜であったため、睡眠にも支障があった。
  • 当時のスウェーデンには米がなく、食事の面でも苦労した。
  • マラソンの当日は金栗を迎えに来るはずの車が来ず、競技場まで走らなければいけなかった。また最高気温40℃という記録的な暑さで、参加者68名中およそ半分が途中棄権しレース中に倒れて翌日死亡した選手もいた。

マラソン中に消えた日本人の話は地元で開催されたオリンピックの話題の一つとしてスウェーデンではしばらく語り草となっていた。

また、マラソンを途中で止めた理由として、単にソレントゥナ(Sollentuna)のとある家庭で庭でのお茶会に誘われ、ご馳走になってそのままマラソンを中断したという解釈も示された。

 

日本の期待を一心に背負いながら、それでも走りきれなかったことで、深い自責の念に駆られた。

それでも日本のマラソンの発展のために50年間尽くしてきました。

 

1967年、ストックホルムオリンピック委員会から「オリンピック55年祭」が開催されるので来てもらえないかという連絡が届いた。

式典後、当時のコースを懐かしげに辿る金栗。


【もしもアフィリエイト】ってなに?


そして55年前にたどり着けなかったスタジアムに足を踏み入れました。
何故かそこには観衆と役員、そしてゴールテープ。

思い出のスタジアムで念願のゴールテープを切った金栗。

 

「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」

とアナウンスされた。

 

54年8か月6日5時間32分20秒3という記録はオリンピック史上最も遅いマラソン記録であり、今後もこの記録が破られる事は無いだろうと言われている。

 

金栗はゴール後のスピーチで

「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」

とコメントした。

 

なお、ストックホルムオリンピックから100年を経た2012年に、金栗のひ孫にあたる男性が金栗を介抱した農家の子孫を訪ねている。

 

 

-いい話, スポーツ
-, ,