世界で1台のフェラーリ、日本の納屋で40年ぶりに発見 競売で2億越えか?

 

イタリアの高級スポーツ車メーカー、フェラーリの「365GTB/4」シリーズのうち、世界に1台しかない公道走行用のアルミニウム製車両が約40年ぶりに日本の納屋で見つかり、今月9日に競売にかけられることがわかった。

フェラーリは1969~73年の間、1200台以上の365GTB/4を生産した。

365GTB/4は2人乗りのグランドツーリングカーで、最高時速は約280キロ。

「デイトナ」という非公式の愛称が付けられている。

 

フェラーリは、米フロリダ州デイトナで開かれるデイトナ24時間耐久レース出場に向けて軽量合金バージョンを5台生産。

このうち公道走行用の車は今回発見された1台だけ。

 

同車の車体番号は12653で、車体全体にアルミを使用している。

1950年代から自前の工場でフェラーリの車体組み立てを担当してきた著名デザイナー、セルジオ・スカリエッティ氏が手掛けたものだ。

 

同車が完成したのは69年。

71年に日本の販売店に輸出され、日本の車雑誌「カーグラフィック」の72年1月号で取り上げられた。

何人か持ち主が変わった後、80年ごろに最後の所有者の納屋に収まった。

 

イタリア北部マラネロにあるフェラーリの工場で今月9日、同社史上最大規模のオークションが行われ、発見された状態のまま修復を施さずに出品される。

競売元のRMサザビーズによれば、170万ユーロ(約2億2千万円)の落札額を見込んでいるという。

 

40年間もよくぞ眠っていましたね・・・

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,