この世に『障害者』という人種はいない。

民間企業で働く障害者は約47万4000人(2016年6月)。

13年連続で過去最高を更新しているが、企業が義務付けられている雇用割合の2.0%を達成している企業は全体の半数に満たない状況です。

 

そんな中、36年前から障害者雇用を主軸としている企業があります。

大手自動車メーカー、ホンダの特例子会社「ホンダ太陽」と本田技術研究所の特例子会社「ホンダR&D太陽」。

 

ホンダ太陽では車やバイクの部品を生産。

障害者の雇用率は51.9%で、健常者と作業台を並べて組み立てや品質管理を行っています。

一方、ホンダR&D太陽の障害者雇用率は84.6%。

最新のCAD技術を駆使した機械設計などデスクワークがメーンで、福祉機器や車、バイクの汎用製品の研究開発を行っています。

 

ホンダ太陽設立のきっかけとなったのは、社会福祉法人「太陽の家」。

「障害をもつ人の本当の幸せは、残存機能を活用して生産活動に参加し、社会人として健常者とともに生きることにある」

と提唱した整形外科医・中村裕博士が、1965年に障害者が働きながら暮らせる施設として設立しました。

 

1978年、ソニーの創業者、井深大さんの紹介でホンダの創業者、本田宗一郎さんが「太陽の家」を訪れます。

中村博士の案内で作業所を見て歩いた本田さんは、ホンダ太陽の設立を決意するのです。

 

 

大分県速見郡日出町。

豊かな自然に囲まれた広大な敷地に、ホンダ太陽・ホンダR&D太陽の工場はあります。

ここでホンダ太陽は正・嘱託社員合わせて計198名/うち障害者(重度・軽度・知的・精神)は97名、ホンダR&D太陽は計52名/うち障害者は44名が働いています。

建物内に入ると、広々とした通路を車いすのスタッフと歩行スタッフが躊躇なく行き交い、私たちに「こんにちは!」と声をかけ、通り過ぎる。

 

「ここでは障害者は特別扱いされません。給与形態も同じですし、自分のことは自分でやるのが基本。助けを求められないかぎり、障害者だからといって手を貸すことはまず、ないですね」

 

そう説明するのはホンダ太陽の総務課課長でジョブ・コンダクターの直野敬史さん。

「おそらく“健常者”“障害者”という意識すらないでしょう」と付け加えた。

 

昼休みを告げるベルが鳴る。

私たちも社員食堂で昼食をいただくことになり、これまた広々とした食堂へ。

食事の受け取り口からトレイの返却口に至るまで、すべての動線が車いす目線で設計してある。


【もしもアフィリエイト】ってなに?


トレイをひざに置いて移動するのになんの造作もないし、多少動作に時間がかかっても、誰も慌てないしイラつきもしない。

もはや、太陽が燦々と差し込む明るい食堂のテーブルにつけば、健常者と障害者の見分けすらつかない。

障害者の自立、健常者との連帯、障害の有無に関係なく作業ができる環境の整備…。

まさに、厚生労働省が理想とする企業の労働形態が、ごく自然に目前にあった。

 

 

「この世に『障害者』という人種はいない。

また、同じ人は一人もいない。

人にはそれぞれ他にはない個有のすばらしい『持ち味』がある。

その違いを互いに認め合う中に、一人の人間としての自立が生まれる。

 

例え、心身に障害は負っても人生に障害はない。

『障害者』としてではなく『一人の人間』として社会に役立ち、普通に生きてゆく。

これが私たちの基本理念『何より人間 ─夢・希望・笑顔』です」

(ホンダ太陽・ホンダR&D太陽の会社案内より)

 

「ぼくは子供の頃から、家と病院と養護学校を行き来する生活でした。将来も授産施設(障害者の自立助長を促す職業訓練施設)で働くんだろうなあ…と漠然と考えていました」

そう語るのはホンダR&D太陽で解析業務や競技用車いすレーサーの研究開発に携わる佐矢野利明さん(29才)。

 

 

生前、障害者の自立支援に尽力し、国際ユニヴァーサルデザイン協議会の初代総裁も務められた“ひげの殿下”こと寛仁親王殿下の言葉を思い出します。

 

「100%の障害者はいない。100%の健常者もいない。人間は皆、身体(または精神)のどこかに障害部分を持っており、なおかつ健常なる部分をも併せ持っている」

 

 

でも、やっぱり本田宗一郎さん・・・

行動が早い!!

志を共有するソニー、オムロンも障害者就業支援に乗り出し、1981年には近代的な工場が完成。

当時は1階にホンダ太陽、2階にソニー・太陽、3階にオムロン太陽電機が入り、それぞれが生産活動の管理と運営を行って、就労障害者の健康管理と日常生活の支援を太陽の家が行うという、ユニークなシステムが採用されているそうです。

 

 

-話題
-, , , ,