怖い痴漢冤罪、スマホアプリで“潔白”証明

 

最近では、痴漢に疑われて線路に逃走する事案も多発しています。

痴漢冤罪(えんざい)対策への関心が高まり、手と指の動きを記録して“潔白”の証明を手助けしたり、疑われたときに適切な対応をナビゲートしたりするスマートフォン用アプリが誕生しました。

 

0.03秒単位で手と指の位置・動きを記録

手と指の位置や動きを詳細に記録し、「触っていない」証明を手助けするアプリ「冤罪STOP」。

大阪市淀川区のIT企業「ソリュード」が開発しました。

 

使用方法はアプリを起動し、画面を触ったままスマホを握り、電車に乗り、もう片方の手で、かばんやつり革を持つことが前提です。

 

スマホの衛星利用測位システム(GPS)や、回転・向きを検知する機能を活用し、情報は0.03秒単位で記録され、画面に触れていた手の指の状況に加え、微細な振動の有無がアプリの示す波形などで分かります。

 

時刻、緯度、経度が記録され、相手が具体的な犯行方法や場所を示して被害を訴えた際にも、波形データや地図との照合ができます。

 

同社の渡辺美幸社長は6月に地下鉄の駅で痴漢騒動を目撃。

「触られた」「触っていない」などと男女が争った影響で電車が現場で足止めに。

自らは女性の立場でも「男性が即座に痴漢との無関係を証明するツールがないのは理不尽」と感じ、開発を本格化させました。

 

一部の鉄道会社で導入されている電車内の防犯カメラの映像や、目撃証言と組み合わせることで、効果の高まりも期待できます。

アプリは9月1日から法人向けに販売し、利用料金は年間3千円を予定しています。

 

 

「この人痴漢です!」

相手に突然切り出されると、何もしていないにもかかわらず、パニックになる人もいるだろう。

そうした不安を払拭しようと、東京都江戸川区のアプリ開発会社「ドゥージャス・ブラザーズ・アプリ」は、痴漢に間違われた際の対応を案内する「痴漢冤罪防止ナビ」を開発しました。

360円で3月から配信し、すでに数百件のダウンロードがあったようです。

 

内容は弁護士が監修。

客観的証拠を残すため、相手とのやりとりを動画で撮影できるほか、撮影中も

「人違いであることを主張する」

「相手に自分が犯人だと思う理由を尋ねる」

「(繊維片などの)微物検査の希望を申し出る」

-と状況に応じた対応方法がナビゲートされる。

 

開発に携わった奈良英幸さんも、冤罪の可能性のある痴漢騒動を目の当たりにし「自分だったら怖い」と痛感したといいます。

「記憶は感情に左右されることがあり、自分と相手の双方のためにも動画で残すメリットは大きい」

と語っています。

 

 

痴漢冤罪とは、全く覚えのない人が「被害女性の供述」だけで、無能な裁判官の事実認定によって立証されてしまう事が数多くあるようです。

 

「被害女性が涙を流して証言してるんだから間違いない。」・・・って

 

ウソ泣きする「女」はいっぱいいますよ・・・

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,