山中慎介破ったネリ、試合前ドーピング検査で陽性反応

世界ボクシング評議会(WBC)は23日、京都市で15日に行われたWBCバンタム級タイトルマッチで13度目の防衛を狙った山中慎介(帝拳)にTKO勝ちしたルイス・ネリ(メキシコ)に、ドーピング違反の可能性があると公式サイトで明らかにしました。

試合に際して実施された検査で、ネリの検体に筋肉増強作用がある禁止薬物ジルパテロールの陽性反応があったとWBCは報告を受けた。

スポーツ専門局ESPN(電子版)は、タイトル戦は無効試合となり、山中が王座に復帰する可能性があると伝えている。

試合はネリが4回に連打を浴びせてTKO勝ち。

34歳の山中は具志堅用高が持つ日本男子歴代最多記録に並ぶ世界王座13度連続防衛に失敗し、進退について「落ち着いて考えたい」と態度を保留している。

 

ジルパテロールは家畜を太らせる目的で用いられる物質で、ドーピングで使用されることが多いクレンブテロールと作用が似ている。

 

 

タレントの武井壮は24日、ツイッターを更新し、ボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介を破ったルイス・ネリがドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したというニュースに触れ「蛮行」と断じた。

武井はネリのドーピング陽性反応の記事を添付し、

「ドーピングってのはこうして選手の刻む生涯最高の瞬間をいとも簡単に奪い去る。その栄光がもたらす経済効果、文化、選手の人生の価値をも奪う」

とドーピングによる大きな損失を指摘。
更に「罰則を受けるだけでは許されない全ての競技者を貶めて絶対に取り戻せない損失を生んでしまう蛮行なんだよ」と、

本人だけでなく、全てのアスリートにも影響を与える“蛮行”という強い言葉で非難した。
武井は、陸上世界選手権の男子100メートルで、ドーピングから復帰し、金メダルを獲得したジャスティン・ガトリンについても

「一度の違反もない選手と同じ評価や賞賛が与えられることは無いと思う」

「ドーピングしないで黙々と日々トレーニングして試合に出てその業界を発展させているアスリートの頑張りはより尊いんだよ。。ドーピングで出した世界記録の100倍尊いよ。。」

などとツイッターでつぶやき、ドーピング行為を猛批判している。

 

 

 



-スポーツ
-, , , ,