道路交通法違反(酒気帯び運転)で起訴された香川県三木町の男性職員(38)の公判で、

町長や副町長、教育長を含め職員の4分の1にあたる約120人が、高松地裁に寛大な判決を求める嘆願書を提出する異例の展開になっている。

 

23日の論告で、検察側はこうした動きについて「驚きと強い違和感を感じる」と述べた。

 

職員は町上下水道課係長。起訴状などによると、職員は今年2月4日深夜、同僚を乗せて乗用車を運転中、信号待ちの車に追突。

同僚らと飲食店をはしごした後で、呼気から基準値の3倍以上のアルコールが検出され現行犯逮捕された。

 

けが人はなかったが、高松地検は悪質として6月に在宅起訴。

論告で、検察側は懲役8月を求刑し、弁護側は罰金50万円が相当と主張した。

 

地方公務員法では、執行猶予を含め禁錮刑以上が確定すると公務員は失職する。

このため、同僚らが、失職を免れられる罰金刑を求めて嘆願書を作成し、署名を集めて地裁に提出した。

署名した筒井敏行町長は取材に罪を憎んで人を憎まず町民も理解してくれるはずだ」と話した。