24時間テレビ初代総合司会 萩本欽一の男気秘話

 

マラソンランナーが誰になるのか・・・

何かと話題の「24時間テレビ 愛は地球を救う」ですが、初代総合司会を1978年に務めた“欽ちゃん”こと萩本欽一(75)のギャラが1億円だったことが25日深夜に読売テレビで放送された「マヨなか芸人」で明かされた。

 

この日は芸能プロダクション「浅井企画」に所属するお笑いコンビ「ずん」「どぶろっく」らがゲスト出演。

事務所の大先輩、萩本の伝説エピソードを明かした。

 

どぶろっくの森慎太郎によると、今から39年前、「24時間テレビ」の初代総合司会をオファーされた萩本は、どれだけ高額なギャラを提示されても断り続け、最終的に、「今までにない破格の金額」を提示したところ、萩本はようやく承諾したのだという。

 

ずんの飯尾和樹によると、その金額は「1億円」だったそうで、その金額で引き受けた萩本は

「そのギャラ、全部チャリティーに回してくれ」

と頼んだという。

 

チャリティーに回すためにギャラの額をつり上げていた萩本。

森は「ノーギャラで(司会)やってるんですよ」と説明。

MCのブラックマヨネーズ・小杉竜一が「え~あの当時の1億って…」と驚くと、飯尾が「今の3~5億円相当」とコメント。

 

欽ちゃんの男気に出演者からは驚きの声が上がっていた。

 

さすがに欽ちゃん・・・桁違いですね。

 

今年もNHK-Eテレ「バリバラ」(日曜、午後7・00)が「24時間テレビ 愛は地球を救う」の裏で、生番組を放送するそうです。

「バリバラ」は昨年も「24時間-」裏で生番組を放送し、「障害者を描くのに感動は必須か?」「チャリティー以外の番組に障害者が出演する方法は?」などを討論していました。

「24時間-」を意識したような演出もあり、24時間テレビへの問題提起かと話題を集めています。

 

 

 

 



-いい話, 話題
-,