いいものあなたに

心に残る「いいもの」をお伝えします。

大阪桐蔭ピンチで主将突然「歌いだす」

「全国高校野球選手権・2回戦、大阪桐蔭2-1智弁和歌山」

(17日、甲子園球場)

大阪桐蔭が、智弁和歌山を下して3回戦へ進出しました。

“秘密の儀式”で窮地を切り抜けた。

 

1点リードの九回1死一、二塁。

内野手がマウンドに集まった。

伝令・西島一波捕手(3年)が西谷浩一監督(47)の言葉を伝え終えると、同点のピンチにも関わらず、なぜか選手が笑い始めた。

真相を探ると、主将・福井章吾選手(3年)がマウンドで突然、歌い始めたからだった。

「When the Night…」

映画「スタンド・バイ・ミー」の主題歌の冒頭部分。これは現在の3年生がピンチで行う恒例の“儀式”だ。

現在の3年生が、1年生の時だった。テレビ番組でこの曲を聴き、気に入った坂之下晴人内野手(3年)が、同級生だけの試合で「ムードを和らげるために」と歌い始めた。

すると、ピンチを脱することができた。

以降、硬くなりそうな場面で円陣を組むと、誰かが歌うという。大阪大会決勝・大冠戦でもピンチで歌って、勝利をもぎ取った。

この日、歌い出した福井主将は「キャッチャーは冷静でいないといけないので。緊張すると硬くなるし、リラックスさせようと思った」。

効果はてきめんで先発・徳山壮磨投手(3年)は「あれで気持ちが楽になった」。

次打者を併殺打に仕留めて、試合を終わらせた。

大阪桐蔭の強さの背景には、能力や技術の高さもあるが、ピンチを迎えても冷静でいられる精神力を感じさせる場面だった。

 

高校野球にはいろんな面白い背景があるものですね。

 

 

When the night has come
夜になって
And the land is dark
あたりは真っ暗闇で
And the moon is the only light we'll see
月の光だけが僕らを照らす唯一の明かりになってしまっても
No I won't be afraid, no I won't be afraid
べつに僕は恐くなんてないよ
Just as long as you stand, stand by me
きみがそばにいてくれたらね
 
And darlin', darlin', stand by me, oh now now stand by me
Stand by me, stand by me
ねえ、ダーリン 僕のそばにいておくれ

 

If the sky that we look upon
たとえばもし、ずっと見上げてきた空が

Should tumble and fall
ある日突然、崩れ落ちてしまっても

And the mountains should crumble to the sea
大地が崩れてみんな海の底に沈んでしまっても

I won't cry, I won't cry, no I won't shed a tear
僕は泣かないよ 涙なんて流さない

Just as long as you stand, stand by me
きみがそばにいてくれるのなら

And darlin', darlin', stand by me, oh stand by me
Stand by me, stand by me, stand by me
だから、ダーリン 僕のそばにいておくれ

Whenever you're in trouble won't you stand by me, oh now now stand by me
困ったことがあったら、僕のそばにおいでよ

Oh stand by me, stand by me, stand by me
ねえ、ダーリン 僕のそばにいておくれ きみにそばにいてほしいんだ

 

 

名曲ですね。

 

 

-いい話, スポーツ, 音楽
-, , , ,