NHKスペシャル「731部隊の真実 ~エリート医師と人体実験~」

軍の要請とはいえ、日本のエリート医師が、「お国のため」と自らを正当化し、多額の研究費を得て、人体実験に関与していたという。

 

 

思い出されるのがナチスドイツのT4作戦です。

これは、優生学思想に基づいて行われた安楽死政策で、知的障碍者、認知症高齢者、寝たきりの高齢者など7万人が殺害されました。

ここでガス室の予行演習が行われ、多数のドイツ人エリート医師が人体実験に参画していたのです。

後にカトリック教会からの抗議で中止されましたが、その後も、医師が自発的に人体実験を行っていたといいます。

 

遠く、ナチス・ドイツの出来事と思っていたことが、規模こそ異なるとはいえ、日本軍とエリート医師において起こっていたのです。

また、生物兵器を作り、実践していました。

 

この史実を、日本人の何人が知っていたのでしょうか?

 

さらに、複雑な気持ちにさせたのは、戦後、冷静さを取り戻した社会における彼らの態度でした。

何事もなかったのように、大学に戻り、医学研究者として成功していた者の名前が挙げられていました。

 

NHKは番組の中で、東大に取材を申し込んだが、「組織的な関与はなかった」との回答があったと明記しています。

 

番組の最後で、後悔の言葉を述べ、自殺した医師が紹介されています。

 

 

 

「閉鎖的な環境で、人は権威者にどこまで従うことができるのか」

 

この実験は「ミルグラム実験」俗称として、アイヒマン実験とも言われています。

 

この実験を見ると「人はどこまで残酷になれるのか?」という事を観測していたと言われています。

 

この実験から、ごく普通の環境で育ち通常の良心を持っていたとしても、ある一定の条件下では、どんな残酷なこともやってしまう可能性があることが分かりました。

 

 

 

前提条件

 

まず、この実験には「教師役」と「生徒役」がいます。

そして、それぞれが別の部屋に分かれ、互いはマイクとスピーカーを通してだけ接触出来ます。

 

つまり、教師役と生徒役はお互いの姿が見えない状況で実験することになります。

 

そして、教師役の人は生徒役に対し簡単な「問題」を出題し、正解なら次の問題へ、不正解なら「電流を流すスイッチ」を押します。

そうすると、生徒役に電流が流れ痛みが襲います。

しかも、生徒役に流れる電流は不正解ごとに次第に強くなっていきます。

 

最初は45ボルト。

 

それ以降は、間違えるごとに15ボルトずつ上がって行きます。

最終的には、最高値である450ボルトの電流を流すまで続けられます。

 

いや・・・そんな実験やりたくない!

でも安心して!実は、被験者は教師役だけ

実はこの実験、被験者は「教師役」だけです。

「生徒役」には役者を使い、実際に電流が流れているかのように演技をしてもらいます。

 

しかし「教師役」の人はそれを知りません。

そして、役者の「生徒役」は、流れる電流の強さが上がる毎にマイクを通して「うめき声」や「実験を中止してくれ」などの声を上げます。

200ボルトを超えると、ドアや机を叩いたり、泣き叫んだりと強く実験中止を呼びかけます。

そして・・・「300ボルトを超えると突然、無反応になります。」

 

その時、被験者である「教師役」はどういう行動を取るのか・・・という実験です。

 

 

止めさせてくれない

実は教師役は、実験前に45ボルトの電流がどのような痛みかを体験させられます。

その痛みを経験しているからこそ、生徒役が痛みに苦しんでいる状況になれば、もちろん実験中止を訴えかけますよね?

しかし、教師役の人が実験中止を呼びかけても、この実験の責任者に「続けてください」と言われてしまうのです。

つまり「教師役の人も止めるに止められない状況」に陥っているのです。

 

そのような環境の時、人間はどのような行動を取るのでしょうか。

 

 

実験結果

この実験の結果、全員が一度は実験中止を呼びかけるも、なんと40人中25人も最高値である450ボルトの電流を流すという結果でした。

相手の金切り声を聞きながらも、高圧電流を自らの手で流したのです。

同じ痛みを経験したはずなのに、何故そこまでしてしまうのでしょうか・・・。

実は、この実験は「教師役が4回以上、実験中止を訴え掛けると終わり」というルールがあるのです。

なので、40人中15人は4回以上「これ以上電流を流したくない」と訴えているのですが、残りの25人の訴えかけは4回以下・・・。

完全に良心を失っている事が分かりました。

 

 

考えられる心理

この実験から「止めたくても止められない状況になると、良心が鈍る」という事が分かりました。

被験者、つまり教師役の人の思考回路は次のようになっていると考えられます。

 

「俺は止めたいと思っているのに、実験の責任者が止めさせてくれない。

つまり、俺は悪くない。悪いのは責任者。

今すぐ助けに行きたいけど、そういう立場じゃないから続けるしかない。」

 

このように、自ら電流のスイッチを押しているのにも関わらず、罪の意識が薄められているのです。

本来ならば、すぐにでも実験を放棄して助けに行くべきなのに・・・。

人って追い詰められると、何でも他人事になっちゃうんですよね。

 

 

最悪の結果

実は、実験を中止することに成功した15人も、決して褒められた結果ではありませんでした。

何故なら「300ボルト以下で実験中止を申し出た被験者は0だったからです!」

 

思い出して下さい。

300ボルト以上になると「生徒役」はどうなりますか?

 

そう、「無反応」になります。

なんと被験者全員が、相手が無反応になるまで電流を流し続けるという、恐ろしい結果になったのです。

 

 

良心ってなんだろう

「実験だから」「続けろって言われたから」「問題に答えられないからしょうがない」

被験者は恐らくこのようなことを考えていたのでしょう。

 

何故「450ボルトで人が死ぬかもしれない」と考えられなかったのでしょうか。

これが、この実験の恐ろしい所。

「実験だから、人が死ぬわけない」と脳内に刷り込まれているのです。

 

ある一定の条件下では、ごく普通の人間でもここまで恐ろしい事が出来てしまうのです。

 

これがもし、戦時中の拷問で活用されたら?・・・。

そう考えるだけで、身震いが止まりません。

 

 

日本の「731部隊」ドイツの「T4作戦」これらがいい例なんでしょうね。

 

 

731部隊の創設者・石井四郎は新宿区内で医院を開業し、近隣の住民が怪我や病気になると無償で診察、治療を行ったという。

 

昭和34年、石井四郎は喉頭がんのためこの世を去る(享年67)。

晩年は熱心に寺に通ったと言われている。

また、死の10日前にキリスト教の洗礼を受けたという。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,