ダルビッシュ 3三振も7勝目

 

◇ナ・リーグ ドジャース6―0メッツ(2017年8月4日 ニューヨーク)

レンジャーズからドジャースにトレードで加入したダルビッシュ有投手(30)が、4日(日本時間5日)の敵地メッツ戦で移籍後初勝利。

7回3安打無失点、奪った三振は10を数える好投で、今季7勝目を飾った。

1点の援護をもらった初回、先頭打者・コンフォートに初球を右前に運ばれるも、後続を断ち無失点。

2点リードの2回にはウォーカー、ロサリオを連続空振り三振、ダーノーを一邪飛に仕留めた。

3回はエース右腕デグロムに左安打、さらには盗塁を許したが、本塁を踏ませなかった。

4回を三者凡退、5回は2死三塁からコンフォートを空振り三振に切って取った。

6回を三者凡退、7回を3者連続三振に打ち取り、マウンドを降りた。

この日は99球を投げ、7回3安打無失点10奪三振1四球の内容だった。

 

打席には3回立ったがすべて三振だった。

 

仲間からは3本塁打含む6点の大量援護をもらった。



 

試合は6―0でドジャースが勝利した。

ダルビッシュはレンジャーズからドジャースに交換トレードで移籍。

 

日本ハム、レンジャーズ時代は11を背負っていたが、自らの希望により背番号は21に決まった。

 

6月12日のアストロズ戦以降、8試合白星がなかった。

 

 

流石にダルビッシュですね!!

 

前田選手とともに世界一になってほしいものです。

 

 

-スポーツ
-, ,