「出ていけ!」はないでしょ・・・参院予算委員会の閉会中審査

7月25日、参院予算委員会での質疑の中で民進党の櫻井充委員が答弁する山本幸三大臣に対して大きな声で質問席から「出ていけ」と発言していました。

 


よく野党民進党の人は答弁者を「総理に」といいますが、委員長しか答弁者を決めることは出来ないようです。

これは議会の常識であるとも・・・

 

山本大臣は

「そういう細かいことを首相に尋ねても無理だ。担当している私からお答えする」

と言っています。

「小さいこと」とは言っていませんね。

 

事務的な細かいことなので担当の私からと言っています。

 

まことにその通りなんです。

 

それに対して、櫻井充委員は

「小さい事とはなんだ!!」


【もしもアフィリエイト】ってなに?


「出ていけ!!」

と罵声を浴びせました。

 

 

聞き間違いした上に、さもさもの様に正義感ぶる態度はやはりパフォーマンスに写ってしまいます。

 

今回の質疑ではこの櫻井充委員、蓮舫委員、森ゆう子委員の質疑をメディアも面白おかしく取り上げ本質とは違った「視聴率」を得る戦略となっています。

 

加戸守行・前愛媛県知事の発言はほとんど報道せず、今回の櫻井充委員の暴言も全く取り上げられていません。

 

安倍首相をはじめとする答弁者のあいまいな態度はもはや国民の疑惑を深めるばかりです。

 

受け皿になるべく民進党にはおおいに発奮していただきたいものですが、大人の国民を代表している人達なんですからもう少し冷静な質疑ができないものかと思います。

 

 

-話題
-, ,