夏の甲子園 いい話⑤

2017/07/26


父が目指した甲子園

 

私の父は、高校の時野球部の投手として甲子園を目指したそうですが、
「地区大会の決勝で9回に逆転されあと一歩のところで

甲子園に出ることができなかった」と、小さい頃良く聞かされていました。

そんな父の影響もあってか、私は小さい頃から野球が大好きで、野球ばかりやっていました。父も良くキャッチボールをしてくれました。

 

そして私は、小学5年から本格的に野球を始め、高校に入った私は迷わず野球部に入部しました。

ところが、高校入学と時を同じくして、父が病に倒れてしまいました。

その後入退院を繰り返し、高校1年の冬からはずっと病院に入院したきりになってしまいました。

 
父の体がどんどん細くなっていくのを見るにつれ、なんとなく重大な病気なのかなとは感じました。

父は、病床で私の野球部での活動内容を聞くのを一番楽しみにしてくれていました。

そんな高校2年の秋、私はついに新チームのエースに任命されました。

 

それを父に報告すると、一言

「お前、明日家から俺のグローブ持って来い!」と言われました。

 

翌日病院にグローブを持っていくと、父はよろよろの体を起こし、私と母を連れて近くの公園の野球場に行くと言いました。
公園に着くと父は、ホームベースに捕手として座り、私にマウンドから投げるように要求しました。
父とのキャッチボールは、小学校以来でした。
しかも、マウンドから座った父に向かって投げたことはありませんでした。

 

病気でやせ細った父を思い、私は手加減してゆるいボールを3球投げました。

 

すると父は、怒って怒鳴り、立ち上がりました。

「お前は、そんな球でエースになれたのか!?お前の力はそんなものか?」と。

 

私はその言葉を聞き、元野球部の父の力を信じ、全力で投球することにしました。

父は、細い腕でボールを受けてくれました。ミットは、すごい音がしました。

父の野球の動体視力は、全く衰えていませんでした。

ショートバウンドになった球は、本当の捕手のように、ノンプロテクターの体全体で受け止めてくれました。
30球程の投球練習の後、父は一言吐き捨てるように言いました。
「球の回転が悪く、球威もまだまだだな。もう少し努力せんと、甲子園なんか夢のまた夢だぞ」と。

その数週間後、父はもう寝たきりになっていました。
さらに数週間後、父の意識は無くなりました。

そしてある秋の日、父は亡くなりました。

病名は父の死後母から告げられました。

ガンでした。

 

 

病院を引き払うとき、ベッドの下から一冊のノートを見つけました。

父の日記でした。あるページには、こう書かれていました。

 

 

「○月○日  今日、高校に入って初めて弘の球を受けた。

弘が産まれた時から、私はこの日を楽しみにしていた。

 

びっくりした。

 

すごい球だった。自分の高校時代の球よりはるかに速かった。

 

彼は甲子園に行けるかもしれない。

その時まで、俺は生きられるだろうか?

できれば球場で、弘の試合を見たいものだ。

 

もう俺は、二度とボールを握ることは無いだろう。


【もしもアフィリエイト】ってなに?


人生の最後に、息子とこんなにすばらしいキャッチボールが出来て、俺は幸せだった。ありがとう」

 

 

私はこれを見て、父の想いを知りました。

それから、父が果たせなかった甲子園出場を目指して死に物狂いで練習しました。

 

翌年夏、私は背番号1番を付けて、地区予選決勝のマウンドに立っていました。

決勝の相手は、甲子園の常連校でした。

 

見ていた誰もが、相手チームが大差で勝利するものと思っていたようでした。

 

ところが、私は奇跡的に好投し、0対0のまま延長戦に入りました。

 

10回裏の我がチームの攻撃で、2アウトながらも四球のランナーが1塁に出ました。

そのとき打順は、9番バッターの私でした。

相手のピッチャーの球は、140KMを超えていました。

 

打てるはずもありませんでした。

あまりの速さに怯え、目をつぶって打とうとしたとき、亡くなった父の顔が一瞬まぶたに見えたように感じました。

気が付くと、目をつぶって打ったはずの私の打球は、左中間の最深部に飛んでいました。

 

私は夢中で走りました。

 

相手チームの二塁手が、呆然として膝から崩れるのが見えました。

 

サヨナラ勝ちでした。

 

チームメイトは、感動で皆泣いていました。

応援に来てくれていた父の当時のチームメイトも、泣いていました。

スタンドの母が両手で持った父の遺影が、静かに笑って、うなずいているように見えました。

 

甲子園では、結局1勝もできませんでしたが、父のおかげで甲子園に出ることができて、とても楽しく野球が出来ました。

 
そのときもって帰った甲子園の土は、全て父のお墓に撒きました。

 

甲子園に出れたのは、父のおかげだったような気がしました。

これから、どんなに辛いことがあっても、父のことを忘れず努力していきたいと思っています。

 

ありがとう、お父さん!!

 

 

 

この話は実はフィクションかも知れません、父親として「息子とキャッチボール」は夢ですね。

 

いつまでも息子には負けたくない気持ちで頑張れると思います。

 

 

 

 

-いい話, スポーツ
-, ,