Yeah! - Usher

2017/12/10

おなじみ、アッシャー(Usher, 1978年10月14日 - )は、アメリカの歌手、ソングライター、ダンサー、俳優ですね。

 

1993年に人気番組『Star Search』に応募。

 

そこに居合わせたLaFace RecordsのA&Rがすぐさまアントニオ・LA・リードに紹介し、LaFace Recordsとの契約が決まります。

 

その後、1994年にファースト・アルバム『Usher』をリリース。ショーン・パフィ・コムズなどのプロデューサーが参加したこのアルバムは、ゴールド(50万枚)アルバム。

 

1997年にジャーメイン・デュプリ、ベイビーフェイス、テディー・ライリーという豪華プロデューサーを迎えて作られた『My Way』は、「You Make Me Wanna…」、「Nice & Slow」(アッシャー初の全米No.1シングル)、「My Way」というメガヒット・シングルを産み、世界中で大ブレイク。

 

全米だけで700万枚を越すセールスで完全にスーパースターの地位を確立し、一部のメディアからは「New King Of Pop」などと称された。

 

 

2001年夏、待望のサード・スタジオ・アルバム『8701』がリリース。

このアルバムからは「U Remind Me」、「U Got It Bad」という2曲のNo.1ソングを生み、続く「U Don’t Have To Call」もTop3入りするヒットを記録。

アルバムは1年以上に渡るロング・セラーとなり、全米で600万枚のセールスを記録。

このアルバムで2つのグラミー賞、3つのソウル・トレイン・アワード、3つのビルボード・アワード、BETアワードなど各賞を総なめ。

 

そして2001年9月、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われた、憧れのアーティストであるマイケル・ジャクソンのコンサート「マイケルジャクソン30周年記念コンサート」に出演し、「Wanna Be Starting Something」をマイアとホイットニー・ヒューストンと共にパフォーマンス。

 

2004年、リル・ジョンがプロデュースした先行シングル「Yeah!(フィーチャリング リル・ジョン and リュダクリス)」は全米12週連続1位を記録し、メガヒット。

このヒット曲も収録されている4枚目のオリジナルアルバム『Confessions』は全米で800万枚、日本だけでも50万枚の特大ヒット。



 

2005年2月に行われた第47回グラミー賞では9部門にノミネートされ、3部門受賞。

同年、NBAのクリーブランド・キャバリアーズの共同オーナーに就任。

 

2008年5月には4年振りとなる新作アルバム『Here I Stand』を発表。発売後1か月足らずで100万枚のヒット。

 

押しも押されぬ「スーパースター」ですね。
 


 

仲いいやつらと
クラブ顔出して
VIPでたのしーことでもしよーとして
けど黙っとくことにした
だってわかんだろ
かわいーコみつけたんだ

 

そのコが言うんだ
「こっちきて、私をつかまえて
こっちきて、私をつかまえてよ」
しておれは立ち上がり
そのコの後をおってフロアまで行ったんだ
してそのコ
「ベイビー、行きましょ」

 

そのコ今
おれの顔の上またがってる
そのコ
おれと一緒連れてくのがいいんじゃねーかって思ってる
だってそのコも行く気みてーだし

 

そのコの踊り見て
おれと一緒がいいんじゃねーかって
そのコがしゃがむのとかさ
Yeah!って感じだし
おれのためにしてくれるんだ
もっかいおどろーっていうから
おれは
Yeah!って感じで
どうやってここ抜け出す?

 

 

かなりHな内容の歌詞ですね。

 

ノリノリの男女交際・・ってとこですか・・・

 

 

-エンタメ, 洋楽, 音楽
-, ,