稲田さん、今度は記憶違いじゃ済まされません。

「PKO日報問題」

 

どういう事?

 

もう一度PKO問題について最初から

 

問題になっている日報とは、南スーダンに派遣されている陸上自衛隊の施設部隊が、日々の活動状況を記録した文書のことです。

問題の発端は、去年10月、ジャーナリストの男性が、部隊が2016年7月7日から12日までに作成した日報の開示請求を行ったことでした。

防衛省は、日報を作成する現地部隊と報告先の国内の司令部を中心に文書を探しましたが、破棄されたことを確認したとして、12月初め、不開示とする決定をしました。

 

ところが、この経緯を知った、閣僚経験のある自民党議員が、再調査を求めたことで事態が動きました。

 

改めて探したところ、12月26日、日報の電子データが残っていたことがわかったのです。

 

しかし、防衛省の事務方、この場合は、統合幕僚監部で、自衛隊員ですが、この事実を、稲田大臣に直ちには報告しませんでした。

 

データが残っていたことが大臣に報告されたのは、1か月後の1月27日。結局、防衛省が日報を公表したのは2月7日になってのことでした。

 

菅官房長官は

「あまりにも怠慢で、適切に対応していない。発見した第1報として、大臣に報告すべきで、厳重注意に値する」

と述べました。

 

以上が、日報の開示に至る経緯です。

 

 

 

この時点でいくつかの疑問があります。

 

①なぜ、統合幕僚監部は、電子データの存在を確認してから1か月間も、大臣に報告しなかったのでしょうか?

「大臣は防衛省を統率できているのか」と、稲田大臣の指導力を疑問視する声もあがっていました。

一連の経過をみる限り、こうした声が出るのも仕方がありません。

省内の情報共有が不十分で、文書管理も極めてずさんです。

 

 

②防衛省が日報を「隠ぺい」したのではないか?

 

日報の開示請求が行われた去年10月から、防衛省が日報の破棄を確認し、不開示を決定した12月にかけての時期は、ちょうど国会で、南スーダンPKOに参加する自衛隊部隊の派遣延長の是非、安全保障関連法に基づく新任務「駆け付け警護」を付与すべきかどうかが、焦点となっていました。

現地の治安状況の厳しさや、新任務の付与で、自衛隊員のリスクが高まる恐れが指摘されたのに対し、政府が「現地の治安情勢は落ち着いている」という答弁を繰り返していた時期です。

問題の日報では、去年7月当時、首都ジュバでは、政府軍と反政府勢力の間で「戦闘が生起し」自衛隊宿営地の近くでも、激しい銃撃戦があったことが記載されています。

この日報が速やかに公開され、現地の厳しい治安情勢が明らかになっていれば、派遣延長や新任務付与の決定にも影響を与えていたかもしれません。

 

稲田大臣は当時、日報は、5年前の部隊の派遣開始以来、すべて電子データとして保存していたことを明らかにしました。

そもそも、自衛隊にとっても、海外派遣における貴重な体験を記した記録を破棄してしまうことはありえません。

政府は「隠ぺいの意図はなかった」と説明しますが、苦しい弁明に追われていました。

 

 

 

そして、今回の一部報道機関の報道です。

 

『南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊の日報公開問題で、防衛省は、「廃棄した」として情報公開請求に対して不開示と決定した後に陸自内で日報データが発見されたものの、省内で公表しないよう指示があったことを確認した。』

 

陸自内での文書保管は、陸海空の自衛隊の運用を取り仕切る統合幕僚監部にも伝えられ、非公表を決める過程で防衛省の幹部間で調整が行われた可能性があることも関係者への取材でわかりました。

 

稲田朋美防衛相の直属組織である防衛監察本部は17日、特別防衛監察を開始。

 

組織的な隠蔽(いんぺい)工作の有無などを調べる見通しです。

 

 

稲田大臣は19日午前、

「隠蔽(いんぺい)を了承したとか、非公表を了承したとかいう事実は全くありません」

と述べ、防衛省として非公表を決めたプロセスへの自身の関与を否定しました。

 

複数の政府関係者によると、稲田氏は2月中旬、陸自内の文書の存在について協議した省内の幹部会議に出席。

会議では、情報公開請求に「廃棄した」としていた昨年7月の日報が陸自内に電子データとして保管されていたことについて対応を協議しました。

 

その際、「隊員個人が収集したデータであり、公文書ではない」との認識を共有。

最終的に、公表しないことが決まったということです。

 

 

一方、多くの防衛省幹部は、稲田氏が隠蔽を了承したとの見方に否定的です。

ある省関係者は報道を受けて稲田氏の会議記録を精査したが、該当する会議は見当たらなかったといいます。

 

自衛隊最高幹部の一人は「(稲田氏は)絶対に承知していない」と否定。

別の幹部も「稲田氏は一貫して情報の公開を指示しており、隠蔽する理由がない」と語っています。

 
では、なぜ稲田氏が隠蔽に関与したと報道されたのか。

省内からの告発である可能性が高いほか、稲田氏に不満を持つ陸自幹部が情報源ではないかとの見方があります。

 

 

防衛省幹部は

「特別防衛監察の結果、陸自が一方的に責任を押し付けられるのではないかと思い、情報をリークしたのではないか」

と疑心を募らせています。

 

 

そもそも、安倍首相が早々に稲田大臣を更迭していればいらぬ報道等出てこなかったでしょうし、稲田擁護のつけがここにきて回ってきてしまいました。

 

まあ、直近の調査の政府支持率が29.9%、その理由が安倍さんを信用できないとなれば一概に稲田大臣のせいでもないでしょうが。

 

 

森友学園のズブズブの関係について質(ただ)したのに対し、安倍晋三総理大臣が
「ズブズブの関係とか、そういう品の悪い言葉を使うのはやめたほうがいい。それが民進党の支持率に出ている」
とまるで答えにならない答弁。
その安倍総理は昨年の北海道5区の補欠選挙について、
「民進党と共産党がこんなにズブズブの関係になった選挙は初めて」
と語っていました。
国会議員や閣僚は、国民の代表として参加しているお互いを尊重し、敬意を払うべきであって、総理大臣は正面から横綱相撲を取らなければいけないと思います。
「人を指さすのはやめたほうがいいですよ」
「野次はやめていただきたい」
自身は鮮やかな手つきで野党議員を指さし、答弁するふりをしつつ、さも野次のせいでまともな答弁ができないような顔つきで時間稼ぎ・・・
聞かれたことに答えずに時間と税金を無駄遣いする総理大臣としか見えませんね。
誰か救世主が出てきませんかね・・・
「国民ファースト」に任せるしかないですか・・・

 

 

 

 

 

-話題
-, , , ,