Mr. Mister

2017/12/10

Mr. Mister はアメリカのバンドで1980年代半ばに2作目のアルバムから2曲の全米1位ヒットを放っています。

以下4名のメンバーからなります。

  • リチャード・ペイジ(ボーカル・ベース)
  • スティーブ・ジョージ(キーボード・サックス・バックグランドボーカル)
  • スティーブ・ファリス(ギター)
  • パット・マステロット(ドラム)

 

4人共に優れた才能の持ち主でバンドデビュー後すぐに

リチャード・ペイジはボビー・キンボールの後釜としてTOTOのボーカリストに、ピーター・セテラの後釜としてシカゴのボーカリスト/ベーシストに誘われます。

両者とも超大物バンドであり、ペイジにとっては大出世の話だったんですが、自身のバンドを続けるためにいずれも断っています。

 

スティーヴ・ジョージは1991年-1997年までケニー・ロギンズの音楽ディレクターとしての仕事をし、1999年にはジュエルのツアーに参加しています。

 

スティーヴ・ファリスは1997年にはホワイトスネイクのツアーにギタリストとして参加、その他にも2000年にはドン・ヘンリーのツアーに参加もしています。

 

パット・マステロットはMr. ミスター解散後、キング・クリムゾンのドラマーとして活躍しました。

 

 

2作目以降のアルバムが不調だったのは、レコードレーベルがリリースを拒否したり彼らへの才能へのねたみだったのかもしれませんね。

 

ここでは全米No1の2曲をアップしておきます。

どちらも素晴らしいですよ。

 

 


 

やっぱりいいですね。

むしろ、この2曲だけで終わったのが不思議なくらいです。

何かがあったんでしょうね、芸能界ですから・・・

 

 

 

 



-エンタメ, 洋楽, 音楽
-, ,