Chicago Will You Still Love Me?

2017/12/10

1969年にデビュー。

グループ名は"シカゴ・トランジット・オーソリティ(シカゴ交通局)"から"シカゴ"とバンド名を変えますが、これはシカゴ交通局からの苦情がきっかけでした。

バンドはデビュー・アルバムから3作連続で2枚組アルバムを発表。
1970年にはシングル「25 Or 6 To 4(邦題: 長い夜)」が世界的に大ヒットしました。

「長い夜」でも聴かれたギター テリー・キャスの拳銃暴発死亡事故から、1980年代に入ってレコード会社を移籍し、デイヴィッド・フォスターをプロデューサーに迎えて路線が変わります。

1982年の「Hard to Say I'm Sorry(素直になれなくて)」(1982年年間10位)、
1989年の「Look Away(ルック・アウェイ)」(1989年年間1位)など、ラブ・バラード路線のヒットを連発しました。

この頃はボーカルのピーター・セテラの声質が人気の元であったと思われます。
しかし、ピーター・セテラは1985年にソロに専念するために脱退します。

発表するアルバムは全て連番で作成されChicago Ⅰ~Chicago XXⅡ と22枚発表し全世界売上げは1億2200万枚を超えています。

いわゆる、ブラスロックの先駆けのバンドでしたが後半はメロディアスな曲調が多かったですね。

 


 
Just say you'll love me
for the rest of your life
I gotta lot of love
and I don't want to let go

Will you still love me
for the rest of my life?
Cause I can't go on
No, I can't go on
I can't go on
If I'm on my own

これからの人生
愛してるって言ってくれるだけでいい
抱えきれない愛があるんだ
君を離したりはしない

これからの人生
ずっと愛してくれるかい?
だって続けられないよ
そう、続けられないよ
続けられないんだ
1人ぼっちの人生なんて

 

「素直になれなくて」も好きですがこの曲も好きです。

 

 



-エンタメ, 洋楽, 音楽
-,