HOLD ON TO ME

2017/12/10

ホール&オーツ(Daryl Hall & John Oates)というバンドがありました。

1972年にレコード・デビュー。
1975年8月に発表した4枚目のアルバム『Daryl Hall & John Oates』がBillboard 200の17位を記録。
翌1976年1月にシングルカットされた「サラ・スマイル」も全米4位を記録。
それから「リッチ・ガール」(初の全米1位)、「イッツ・ア・ラーフ」、「ウェイト・フォー・ミー」などヒットを連発した。

1980年代以降も、R&Bやソウルのテイストを取り入れたポップスで人気を博し、ブルー・アイド・ソウルと呼ばれるジャンルで最も成功したアーティストの一つです。

全米トップ10入りした楽曲(16曲)の内半数(7曲)はダリルの元恋人であるサラ・アレンとその妹ジャンナ・アレン(1993年に白血病で亡くなっている)との共作でした。

 

名曲がいっぱいあります。

どこかできっと聴いてますよ。

1976年

Sara Smile (全米第4位)
She's Gone (全米第7位)

1977年

Rich Girl (全米第1位)
Back Together Again (全米第28位)

1978年

It's a Laugh (全米第20位)
I Don't Wanna Lose You (全米第42位)

1979年

Wait for Me (全米第18位)

1980年

How Does It Feel to Be Back (全米第30位)
You've Lost That Lovin' Feelin' (全米第12位)

1981年

Kiss on My List (全米第1位)
You Make My Dreams (全米第5位)
Private Eyes (全米第1位)
I Can't Go for That (No Can Do) (全米第1位)

1982年



Did It in a Minute (全米第9位)
Your Imagination (全米第33位)
Maneater (全米第1位)

1983年

One on One (全米第7位)
Family Man (全米第6位)
Say It Isn't So (全米第2位)

1984年

Adult Education (全米第8位)
Out of Touch (全米第1位)
Method of Modern Love (全米第5位)

すごいですね!!

Daryl Hall & John Oatesの二人組なんですが、Daryl Hall の作曲能力、歌唱力が抜群でしたね。

その後ソロで『Can't Stop Dreaming』:キャント・ストップ・ドリーミング(1996年)が日本で先行発売されました。

 

名曲ぞろいです。

Can't Stop Dreaming
Let Me Be The One
Something About You
Cab Driver
Never Let Me Go
Holding Out For Love
Justify
What's In Your World
Hold On To Me
She's Gone
All By Myself
Fools Rush In

『Can't Stop Dreaming 』『What's In Your World 』が有名ですが、
この曲が好きでよく聞いてましたね。

愛を下さい、希望を下さい、夢を下さい、心を下さい、魂を下さい、微笑みを下さい・・・
全部下さいって、虫が良すぎるでしょ。

そんな曲です。

 

やっぱり、「歌」上手いですね。

もう Daryl Hall 節になってます。

-エンタメ, 洋楽, 音楽
-, ,