いいものあなたに

心に残る「いいもの」をお伝えします。

CHAMBAO フラメンコとポップの融合

2017/02/06

世界には、日本人が知らない素敵な音楽がまだまだいっぱいありますね。

スペイン・マラガ出身の CHAMBAO(チャンバオ)。

ご存知の方はあんまりいらっしゃらないのではないでしょうか。

 

2002年にアルバム「フラメンコ・チル」でデビューしました。

このタイトルにより定義される、フラメンコの音とエレクトリックを融合させて生み出された独自の音楽スタイルは徐々に人々に受け入れられます。

その後、世界的にヒットした「ポキート・ア・ポコ(2005)」でまずダニが離脱、

2006年のベストアルバム「カミナンド:2001-2006」リリース後、エドゥアルドもグループを去っていきます。

 

こうしてメンバーはラ・マリひとりが残り、彼女のソロ活動が実質的にグループ「チャンバオ」の活動とイコールとなります。

現在は、ゆるやかなチャンバオ音楽の浸透を目指しているようです。

 

 

日本人が聴くにはデビュー当時の「音」が聴きやすいと思いますね。


どうですか?

ポップなフラメンコといいましょうか、

色んな楽器も加わってとても軽快ですね!!

 

 

-音楽
-,