いいものあなたに

心に残る「いいもの」をお伝えします。

「東大生の3人に1人は公文式の経験者だった」について

「最近行われた調査では、なんと東大生の3人に1人は公文式の経験者だった。」

 

らしい・・・

 

公文式とは、賛否両論ありますが

ひたすら、算数の科目でいえば「計算プリント」をその生徒の理解度にあわせて解かせていく・・・

 

「学力基礎」を学ぶには最高の教材と思われます。

計算速度は飛び抜けて早くなるようです。

 

そんな、公文の教材とは?

1954年、高校の数学教師だった公文公(くもん・とおる)が自分の息子のために手書きの教材を作ったのが始まりだった。

 

こともあり、親が少し時間をかければ作れる程度のものですね。

こんなのです。

どうですか?

作れそうですか?

 

「家庭ではどうしても勉強モードになれない」というお子さんは公文に通わせて下さい。

 

「東大生3人に一人は公文式」についてですが

小学生で考えると現在全国の小学生の数は660万人、公文の生徒数は160万人

約4人に一人ですね。

 

特に「東大生3人に一人は公文式」は驚くべき数字ではないと思いますが

どうでしょうか?

 

アメリカではトランプ氏についてのフェイクニュースが話題になっていますが

これもメディアが作った「誇大報道」ではないでしょうか?

 

 

-独り言
-,