嘘つき

あれは2012年11月14日、今から2年前のことでした。

 

民主党代表の野田佳彦首相(当時)が安倍晋三自民党総裁(同)と国会で討論し、

“ある約束”と引き換えに衆議院を解散することを明言した日です。

 

安倍現首相は、あの約束のことをどう思っているのでしょうか。

 

当時の状況を忘れた方も多いでしょうから、簡単に振り返ります。

 

野田首相は消費税増税法案を2012年春の通常国会に提出、

6月に民主、自民、公明3党の賛成によって衆議院で可決させました。

 

しかし、これがきっかけで小沢一郎一派が離党し、

新党「国民の生活が第一」を結成。

 

他の野党と一緒になって内閣不信任決議案を提出しりました。

 

そんな中、首相は8月8日に自民党の谷垣禎一総裁、公明党の山口那津男と会談。

この中で「関連法案が成立した後、近いうちに国民の信を問う」と発言し、

増税法案の成立にこぎつけました。

 

しかし、その後も解散のそぶりを見せないことから、

自民党は首相を「嘘つき」呼ばわりするなど、激しく口撃しました。

 

9月の総裁選で安倍新総裁が選出され、初めての直接対決となった11月の党首討論。

首相は小学生の時に「正直者」だと父親に褒められたエピソードを持ち出し、

涙ながらに「嘘をつくつもりはない」と強調。

 

そして「定数削減は来年の通常国会で必ずやり遂げる。それまでの間は議員歳費を削減する。

(中略)このご決断をいただくならば、私は今週末の16日に解散をしてもいいと思っております」

と安倍総裁に迫りました。

 

安倍総裁の答えはこうでした。

 

「来年の通常国会において、私たちの選挙公約において、定数の削減と選挙制度の改正を行っていく。今この場でそのことをしっかりとやっていく。約束しますよ」

 

安倍総裁の返答を受け、首相は言葉通り16日に衆議院を解散。

12月16日に総選挙が行われました。

 

民主党は獲得議席数が前回選挙の5分の1にとどまる大惨敗を喫し、

自公両党が政権の座を取り戻したのは周知の通りです。

 

当時の自民党の選挙公約にはこうあります。

 

見出しは「国会議員の数が、まだ多い。国のスリム化は、まず国会のスリム化から」。

中身には次期衆院選から衆議院の定数を1割削減、

10年以内に衆参両院の議員定数を3割以上削減すると明記しています。

 

野田首相が提案した「定数削減を実現するまでは議員歳費を削減する」もあっさり無視され、

与党は今年5月に議員歳費を満額支給に戻しました。

 

こうした大盤振る舞いは、「震災復興のために国民と痛みを分かち合う」と

2012年から2年間の時限立法で実施されていた議員と公務員の給料削減を安倍政権が打ち切ったからです。

 

その額、国家公務員の給料は平均8%引き上げられ、行政職平均のモデルケースでは月額約2万9000円、

ボーナスを含めた年収では約51万円のアップ。

 

国会議員の歳費(給料)はもっと増え、5月分から月額約26万円アップ、年間421万円もの引き上げになりました。

 

・・・・・結局、痛みを分かち合ったのは一時期のパフォーマンスで

消費税増税は給与復元で痛くも痒くもない人達によって実行されるようです。

 

なんでこんな「嘘つき」の軍団が政権を取っているのでしょう?

 

やはり、貴重な一票を無駄にしないということでしょうね。

 

今回の選挙、自公の圧勝といいますが得票率52.66%、有権者数1億424万9187人

得票率に比例して獲得議席数が決まる比例代表選挙での自民党の得票率は33・1%、

絶対得票率では16・99%に過ぎません。

 

有権者数1億424万9187人 × 16.99%

つまり、約1800万人の有権者しか賛同していないのです。

 

今回の総選挙使った税金は約700億円だそうです。

 

投票率を上げる為、本当の支持率を知るためにも

「ネット選挙」を真剣に考えていただきたいものです。

 

 



-話題
-, , ,