いいものあなたに

心に残る「いいもの」をお伝えします。

76歳の男性が24歳の自分に送ったビデオレター

事実は小説より奇なり・・・

年末に見たTVで76歳男性のビデオメッセージで感動しちゃいました。

番組では、高齢者が過去の自分にビデオレターを送る企画を放送し、

その中で、茨城県在住の76歳の男性が24歳の自分に語りかけた場面。

男性は勤め先で出会った、顔の小さい可愛いハナという女性と付き合うことになると語り始めた。

3

男性は彼女との結婚に迷うことになると打ち明け

「思い立ったらすぐいけよ!」

と過去の自分にアドバイス。

そして「ハナちゃんは、2年後に病気で亡くなるんだ」と、

彼女を襲う悲劇を告げたのだ。

男性はその後の自身について

「お前は凄く後悔し、悲しんで、ずっと忘れられなくなる」と振り返り、

「だから76歳になった今でも独身のままだ!」

と現状を報告したのだった。

「俺の人生の中で一番愛していたのがハナちゃんだ。そして最も好きだったのがハナちゃんだ。よろしく伝えておいてくれ」と、

過去の自分に頼んだ男性。

最後には両手を挙げて、

「ハナちゃん、愛してるよ。ふふふ」と、にこやかに笑ったのだった。

このVTRが終わると、スタジオの宮川大輔が「これはアカン…」と目を潤ませ、

柴田理恵、上地雄輔らも涙していた。

Twitterユーザーの間でも、男性のメッセージは多くの感動を呼んだようだ。
「これが本物の一途な純愛ってやつやな、こんなカッコいい男になりたい」

「とても切ない」

などの感想が投稿されています。

カッコいいなって思いました。

-いい話
-