高校野球の思い出

2014/12/16

私の高校野球部での思い出を書いてみます。

 

高校入試試験結果発表の日、見に行きました。

 

自分の番号があった時は

希望の高校にに入学できるというよりも

これで憧れの野球部に入部出来る!!

って思ったものでした。

 

早速、次の日に中学校の先輩から連絡があり

明日から野球部の練習に参加してほしい・・とのこと

 

喜び勇んで行きましたね。

 

まだ、入学式も終えていないんですよ。

まだ、屋外は雪があり基礎トレーニングばかり

自分の体力のなさに唖然としました。

 

全然ついていけません。

 

圧巻は今では禁止されている「うさぎ跳び」

10クラス並んだ廊下を往復します。

 

何メートルあったんでしょうか??

最初は3クラス行ったところで

もう足が動きません。

 

一往復終わった後はもうぐったりでしたね。

 

後は腹筋、背筋、ランニング・・・心臓が止まるかと思いました。

 

筋肉痛は六ヶ月ほど続き、夜中に太ももの裏が痙攣して

何度起きたことでしょうか。

 

「声出し」もきつく、一ヶ月ほど声が出ない期間がありましたね。

 

授業中に本読みを当てられても声が出ないんで

変わってもらいましたっけ・・・。


【もしもアフィリエイト】ってなに?


 

人間の身体って凄いもので

3年の時には「うさぎ跳び」の廊下を

ノンストップで2往復できていましたよ。

 

授業の始まる前にグランド整備

昼休みのグランド整備

練習が終わってからももちろんグランド整備

 

おにぎりはいつも六個くらい作ってもらいましたね。

 

いろいろ思い出はあるのですが

一番の思い出は「母親」です。

 

野球の試合に応援に来てくれた時があって

私がネクストバッターズサークルにいた時に

ふとバックネット裏を見上げると

「母親」の姿が・・・

 

今のお母さんだったら両手をあげて声でも賭けるんでしょうが

黙って自分を見て頷くだけでした。

 

その姿を今でも鮮明に覚えています。

 

まるで片思いの女の子が好きな彼を物陰から見守るような・・・

そんな「母親」の姿でした。

 

その打席はヒット打てたかだって?

 

内緒です・・・

実は忘れました。

 

野球に関する思い出はまだまだいっぱいありますが

忘れる前にその内アップします。

 

 

-話題
-