芦田愛菜、365日欠かさずに行っていることに視聴者騒然

 

■それをしないと「落ち着かない」

「大人の女 芦田愛菜SP」と題した企画が行われ、子役時代の小さかった頃を懐かしみつつ、現在の成長ぶりにフォーカスが当てられた。

その中で、プライベートが謎すぎるとして寄せられた数々の「噂」を検証していくこととなり、「365日欠かさず読書をしているらしい」という噂に触れると、「文字を読んでないと落ち着かない」と事実である様子。

さらには、「読むものがないときは調味料の裏を読んじゃう…」と芦田が明かし、しゃべくりメンバーが「そこまで!」「活字中毒みたいな感じ?」と驚きの表情を浮かべる一幕も。

関連記事:芦田愛菜、16歳の誕生日を迎え驚きの声

「もう?」

「まだそんな若かったの」

 

■「鬼滅の刃も読まないと…」

MCの上田晋也から最近面白かった本を尋ねられると、村上春樹氏の著書『ねじまき鳥クロニクル』を挙げ、「漫画も読むけど、本のほうが多い」と述べる。

一方、友人間では大ヒット漫画『鬼滅の刃』が流行っているとして、「そろそろ参加しないとまずいかな…」と胸の内を明かすと、すかさず上田が「だいぶ出遅れているけどね(笑)」とツッコみ、笑いを誘っていた。

 

■視聴者「超人すぎる…」

そんな芦田の一面を受け、視聴者からは様々な意見が続出。

特に

「芦田愛菜凄いな…」

「芦田愛菜ちゃんは1日に数冊の本を読んでるそうでほんとにすごい」

「芦田愛菜ちゃん超人すぎない? どんな時間の使い方したら、役者やって、バラエティ番組出て、学校行って、年間100冊以上本読むことができるんですか?」

と驚きと称賛の声が相次いでいた。

 

■本をめったに読まない人は4割弱

若者の活字離れ、読書離れなどが話題となる中、365日欠かさずに読書をしているというのだから驚きだ。

ちなみに、しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,733名を対象に、「読書について」の調査を実施したところ、「本を読むことはめったにない」と答えた人は、全体で37.0%だった。

読書の他にも、女子力を上げるためとして「ズンバ」というダンスも日課に組み込んでいるという芦田。

そんな彼女の成長ぶりに驚きつつもほっこりとした視聴者も多かったようだ。

 

 

 



 こちらの記事もどうぞ

-エンタメ
-