「STAP細胞は、ありまぁす」平成最強の自分好き・小保方晴子さん

 

「もっと自分自身を認めてあげよう」

「自分のことを好きになって」

と最近とみに言われております。

 

自己肯定能力の低さから、悪い男/女に引っかかったり悪い会社に引っかかったり、自分を傷つけることで精神の安定を得たりなんてこともある。

しかし、自分を好き過ぎるというのも、また考えものなのだなということを、私はこの人に教わった気がします。

 

「STAP細胞は、ありまぁす」でおなじみ、小保方晴子さん。

STAP細胞があったのかなかったのか、それはもう神のみぞ知る、いやオボのみぞ知る。

我々は「STAP細胞」というパンドラの箱を抱えたまま、新しい時代へと歩みを進めようとしています。

小保方さんといえば、「巻き髪、ムーミン、割烹着」の人。

なんか『北国の春』っぽい、キャッチーです。

 

だってそれまで理系のむんずかしい研究をしている人といったら、万年白衣で髪は爆発、フラスコでコーヒーを入れビーカーで熱燗つけ住民票は研究所……そんなイメージだったじゃないですか(※当社比)。

これはもうマスコミは飛びつくし、世間は色めき立つ。

そもそも世間は「理系」に弱いのです。

世紀の大発見をした人が、学生時代はラクロスを謳歌し、お堅い研究所に「かわいい」を持ち込んだ。

ただチャラいだけじゃない、祖母から受け継いだ「割烹着」を大切に身につけているというストーリーも匂わせる。

 

天才的に上手だった「味方づくり」

こういうと、小保方さんがよくある「やりすぎセルフプロデュースの人」と思われるかもしれません。

見せ方がうまいというのは確かにそうですが、小保方さんの場合、「見せ方」の角度までコントロールさせていた。

この人は天才的に「味方づくり」が上手な女性だったのではないでしょうか。

いつの間にか自分を取り囲む全てを味方にしていた。

そしてその根源には小保方さんの尋常ならざる「自分大好き」があると思えてなりません。

 

そもそも「巻き髪、ムーミン、割烹着」のような、過度なセルフプロデュースに対し、往々にして同性は敏感に反応するものです。

しかし当時は驚くほど批判の声は上がらなかったと記憶しています。

 

ちなみに自分の当時のツイッターを見返したところ

「小保方死すともSTAP死せず」

「小保方さんほんとチェリーブロッサムあたりまでの第一次聖子ちゃんに似てる」

「小保方さんの研究室の壁、どうしてムーミンだったんだろう。もしあれが幽遊白書だったら小保方さんの会見中、全力で微笑みの爆弾歌って応援したのに」

「小保方ノートと中村紀の言い訳FB、平成のエアリー対決」

と全く参考になりませんでした。

反省します。いや反省しまぁす。

 

「かわいい」と「かわいそう」の使い分けが巧みだった

まぁ、めちゃめちゃすごい研究をしてる人だからという下駄は多少履いていたでしょうが、女性たち、特に性差別への意識が高い女性たちは、あの会見を見て

「小保方さんは男性社会で不当な扱いを受けている」

「早くアメリカに帰った方がいい」

「圧力に負けないで」

と応援する機運が高かった。

組織の犠牲になっていると、多くの女性たちは感じていた気がします。

 



一方で男性の視点はどうだったのでしょうか。

少しやつれた姿で会見に登場し、涙をためながら、少々稚拙とも思われる反論や主張を繰り返す。

「ありまぁす」はまさにその象徴ですよね。

 

あの会見を見て庇護欲に駆られた方も多かったようです。

弱々しい小動物のような、可愛らしさ。

あの「守ってあげたくなる」感は、小保方さんが理系の世界を生き抜く最大の強みだったのではないでしょうか。

つまり同性に対しては「能力があるがゆえに男から嫉妬されるかわいそうな女」を見せ、男性に対しては「一生懸命がんばってるけど自分より能力が低い、かわいい女」を見せる。

自覚的なのか無自覚なのか、とにかくこの「かわいい」と「かわいそう」の使い分けが、めちゃめちゃ巧みだったのだと思うのです。

 

“平成の毒婦“を思い出してしまう

この話で思い出すのが、先日3度目の獄中結婚を発表した木嶋佳苗死刑囚。

彼女もまた、女性に対しては「男性社会への復讐を果たした女」であり、男性に対しては「“違いがわかる俺”という自尊心を存分に満たしてあげられる女」でした。

 

複数人の死に関係したとされ、死刑を言い渡されても尚自らの幸せを貪欲に追い求め、それが時に賞賛すら浴びる。

「かわいい」と「かわいそう」の使い分け、そして「自分は絶対に悪くない」という強すぎる思い込み。

自分大好きゆえに、そんな自分が望んだ、思い描いた理想の世界から逆算した行動を取ってしまったこの二人。

それがたとえ科学のルールを曲げることでも、法を冒すことであっても、です。

小保方さんの中では「STAP細胞は、ありまぁす」が結論であり、正しい世界。

実験や研究は「ありまぁす」のアリバイづくりに過ぎないということになります。

 

「エビデンス」より「情緒」が威力を発揮する社会

私にも思い当たるところがあります。いやありまぁす。

個人的な話ですが、私横浜DeNAベイスターズというプロ野球チームを応援しておりまして、これがなかなか「勝ち」に遠い、すなわち他のチームと比較して一つの「勝ち」の価値が高いチームと言えます。

確かに、予測不能な負け方をしたり、名誉とは言い難い記録を次々と塗り替えたりしますので、真正面から相対すると徐々に精神が蝕まれていくことは否めません。

しかし一方で強烈な魅力と中毒性がある。

 

そう、小保方さんにとってSTAP細胞ありきの世界が正義だったように、ベイスターズファンにとってはベイスターズありきの世界こそ真実なのです。

ゆえに、長年ファンをやっていると「ベイスターズは宇宙の法則によって動かされている」だの「勝ちや負けで野球を見るのは下品」だの「ベイスターズは野球というより概念」だの、ファンタジーの世界に逃げ込みがちになる。

 

そしてファンタジーを表現する言語野だけが異常に発達してしまう傾向にあります。

小保方さんもまた、騒動後の著書や対談などを追っていくと、科学者にとっての芯である「研究」については「ありまぁす」で処理なのに、ただ自分の正当性、被害者としての「情緒」については饒舌極まりない、まさに天賦の才を発揮している。

そしてそれが、ある世間ではものすごい威力になっているのです。

人間は、エビデンスには強気になれても、意外と誰かの情緒の前では無力だったりしますから。この辺りもまた、小保方さんの「味方づくり」に幸か不幸か加担してしまった社会の弱点なのかもしれません。

 

平成最強の自分好き、小保方晴子さん。

自分を愛し、また周囲に自分を愛させる達人。

 

様々な人を味方にした小保方さんが、唯一味方にできなかったのが「STAP細胞」と考えると、こんな皮肉な話もありません。

いやありませぇん。

 

小保方さんの自己愛というパンドラの箱は、まだ開かれたままなのです。

(西澤 千央)

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-,