みまひな困惑、疑惑の判定に海外でも波紋

 

ITTFが実際のシーンを動画公開「この瞬間が決勝を変容させた?」

卓球の世界選手権(ブダペスト)は28日、女子ダブルス決勝で伊藤美誠(スターツ)、早田ひな(日本生命)組が孫穎莎、王曼ユ組(中国)に2-4で逆転負け、銀メダルとなった。

日本人同士のペアとして52年ぶりの金メダル獲得はならなかったが、波紋を呼んだのは第5ゲームの“疑惑の判定”だ。

早田のサーブを巡り、判定が揺れた実際のシーンを国際卓球連盟(ITTF)が動画付きで公開。

 

海外ファンも

「ITTFよ、これがネット?」

「中国人そして日本人選手にとって悲劇だ」

などと疑問を呈している。

 

まさかの場面だった。

2-2で第5ゲーム、9-9と競り合った勝負所、早田のサービスを孫穎莎がレシーブミス。

伊藤、早田組のポイントになるかと思ったが、審判が「ネット」とジャッジ。

ガッツポーズをしていた2人は何が起こったかわからない表情で、ネットに触れていないとアピールしたが、判定は覆らず。会場からブーイングが沸き起こった。

 

結局、ここから10-12で落とすと第6ゲームも落とし、逆転負け。

結果的に流れを左右するようなシーンだった。

 

ITTF公式ツイッターは

「ネット? ネットじゃない? この瞬間がソン・エイサとワン・マンユの決勝を変容させた?」

とつづり、“疑惑の判定”の場面を動画付きで公開。

日本人ファンのみならず、海外ファンも判定について疑問を呈している。

 



海外ファンも疑問視「中国人そして日本人選手にとって悲劇だ」

「私はこの瞬間まで、本当に試合を楽しんでいた。ITTFは早急にビデオ判定を導入するべき」

「ITTFよ、これがネット?」

「このスローモーションを見た後、誰もが審判を批判している。審判はスローモーションを見ることができず、ネットの判定を出した。自分が見たことを信じたのだ。審判もスローモーションも見られるようにするべき」

「なんてこった!」

「時として、1ポイントが試合を変える」

「中国人そして日本人選手にとって悲劇だ。中国人選手は完璧な勝利を手にすることができなかった」

「ネットじゃない!」

「違う」

「私は中国人だが、本当に恥ずかしい!」

 

コメント欄ではこのようにビデオ判定導入の声を含め、今回の判定に対する疑問の声が多数を占めた。

一方で

「ボールは微かに軌道を変えている」

「スピンの方向を見てほしい。明らかにネットだ」

との声もあった。

 

いかがでしょうか・・・

 

 

-スポーツ, 事件・事故, 国内, 海外, 話題
-, ,