暴力団員の子の想像を絶する人生

 

暴力団に対する締め付けは、暴対法を中心に社会の課題として広く行われている。

その中で、暴力団という組織がどのようにしのぎを奪われ、経済的、社会的に追い詰められているか、離脱者がどれだけに上っているのかということは報道される。

だが、暴力団の子供たちがどのように暮らしているかということは、あまり光が当てられてこなかった。

私は現在ある雑誌で、暴力団の親の下で育った子供たちがどのような人生を歩んできたかを連載している。

今回の、「捨てられた子供たち」の連載においても、たまたまというべきか、必然ともいうべきか、暴力団員の子供と名乗る人がインタビューに応じてくれた。

暴力団家庭から捨てられた子供のケースに光を当ててみたい。

 

 

親の生業は覚せい剤の密売

東海地方のある町で、清水力也(仮名、以下登場人物はすべて仮名)は育った。

母親は元暴走族のメンバーで、19歳の時から付き合っていた15歳年上の暴力団員と20歳で妊娠、生まれてきたのが力也だった。

暴力団員の父親は、主に覚せい剤を密売して生計を立てていた。

地元に大勢の不良の後輩がいたことから、彼らに覚せい剤の売人をさせて、その上がりをはねていたのである。

それなりに儲かっていたらしく、力也が物心ついた時から、家にはセルシオなど常に3、4台の高級車があったという。

 

母親は若い頃から父親の仕事を手伝っていて、覚せい剤をビニールのパケに詰めたり、不良の後輩に渡したりする手伝いをしていた。

そうした中で、母親自身も覚せい剤を覚えたのだろう、折々に注射器で使用していた。

 

父親が家を去ったのは、力也が六歳の時だった。

後から聞いた話では、次々に愛人をつくっては子供を産ませていたこともあって、母親の方が耐えられなくなって家から追い出したらしい。

 

 

母と男と3人でラブホへ…

しかし、母親は別れた後も父親と関係をもっていた。

覚せい剤の密売の仕事は一緒にやっていて、それなりの金をもらっていたようだ。

母親にしても、重度の覚せい剤依存症に陥ってやめられなかったのだろう。

 

母親は父親と覚せい剤の密売をする一方で、家に愛人を呼んでは「キメ・セク(覚せい剤をして性行為をすること)」をしていた。

しかも、その愛人の中には、父親の舎弟もいた。

 

力也は語る。

「母さんはクスリで頭がぶっ壊れていて、小学生の俺にまでシノギを手伝わせていました。車でショッピングモールの前に行って、クスリ(覚せい剤)の入ったバッグを渡してこいって言ってきたり、クスリを隠す手伝いをやらせたり。

母さんとヤクザの男と3人でラブホに行くこともありました。俺がバスルームで携帯ゲームをしている間にセックスしてるんです。はっきり言って、母さんのことは嫌いでした。むしろ、親父の方があまり記憶にない分、好きだったかな。時々父親と会うと、焼肉とかステーキ屋とかつれて行ってくれて何でも買ってくれましたし」

 

 

常に汚れた服…学校が異変に気づく

小学5年生の冬、母親が育児放棄をする。新しい恋人の家へ通うようになり、やがて家に寄りつかなくなったのだ。

10日に一度くらい思い出したようにフラッと立ち寄っては数千円のお小遣いを置いてまた出ていく。

力也は、その金でコンビニでお菓子やおにぎりを買って食いつないでいた。

 

だが、小学6年生になって間もなく、学校側が力也の異変に気がつく。

服が常に汚れているばかりか、修学旅行や面談等の知らせにも応じず、母親に連絡が取れない。

そこで学校の先生が家庭訪問をしたところ、育児放棄が発覚した。

 

児童相談所の職員が駆けつけ、力也を一時保護した。

おそらく職員は母親に薬物依存症の兆候があるなど感じたのだろう。母親のもとに帰さず、児童養護施設に預ける決定をした。

児童養護施設の子供たちの多くは、幼少期から十歳くらいまでの年齢で入ってきているため、力也はなかなか施設になじむことができなかった。

 

 

暴力団に入ることを夢見た中学時代

中学に入ったばかりの頃、母親が恋人と別れたらしく、思い出したように力也のもとに面会に来るようになった。

周りからはうらやましがられたが、力也の思いは別だった。

 

力也は語る。

「今さら何しに来たのかって気持ちでした。クスリや男のことしか見てこなかったくせに、いきなり母親ヅラして『一緒に暮らしたい』とか『恋しい』とか言われたって、どうせ口先だけに決まってるでしょ。信用してついていけば、また裏切られるだけ。それで施設の人には面会はしたくないって断ってもらうことにしたんです」

きっと力也は幼い頃から母親のことを求め、その度に数えきれないほど裏切られつづけてきたのだろう。

だからこそ、心の底では家族を求めていたのに、母親を信じることができなくなったにちがいない。

 

そんな時に現れたのが、父親だった。父親は力也が施設に入ったことを聞き、学校の方へ姿を現した。

下校しようとした時、正門の脇に父親が立っていたのである。

それから彼は携帯電話を力也に与え、月に一度くらいのペースで食事へ行き、小遣いを与えた。

 

中学に入って力也はグレはじめていたことから、父親の影響を大きく受けた。



一度に何万円という小遣いをくれて、普段は行けないような焼き肉店で好き放題食べさせてくれる。

その上、仲間や先輩に父親が暴力団員だと言えば、みんなが恐れて自分の言うことを聞いた。

 

力也は父親の威光を借りて不良グループをまとめ上げ、あらゆる非行に手を染めるようになった。

そして、いつしか暴力団の構成員になることを夢見るのである。

 

 

「クスリを卸してやるから売ってみるか」

中学を卒業した力也は高校へは進まず、地元の不良グループを束ねて暴走族を結成する一方で、覚せい剤の売買に手を染めるようになった。

父親の方から「クスリを卸してやるから売ってみるか」と誘われたのである。

力也自身は、中学三年の時から、やはり父親からもらった覚せい剤に手を出して常習するようになっていた。

 

力也は覚せい剤を次々と後輩たちに売りつけると同時に、女性たちをまとめて売春グループをつくった。

そして売り上げの大部分を父親に納めた。

そうすれば、組長に直談判して組員にしてやると、父親から言われていたのだ。力也は組員になりたい一心で、それを信じて必死に働いた。

ところが、そんな生活を2年ほどつづけたある日、力也は思わぬ真実を知ることになる。

父親はもう何年も前に所属していた暴力団を破門になっていたのだ。一体どういうことなのか。

 

力也は父親に詰め寄り、真実を問いただした。

父親は意味不明の言い訳をするだけで答えようとしない。そこで力也は母親のもとへ行って意見を求めた。

 

母親は冷たく言い放った。

「あの男はそういうヤツなのよ。どうせあんたを利用して金儲けをしてただけでしょ。あんたをだませば、クスリをどんどん売って金を持ってきてくれると考えてたんだよ。いいようにつかわれていただけ」

 

力也は、2年間だまされて働かされていたのかと思うと怒りで全身が震えてきた。

暴力団になった暁には舎弟にしてやると仲間に言っていた自分の立場はどうなるのか。

 

メンツを守るには、父親を殺すしかない。

力也は凶器をもって父親の居場所を探した。

父親は逃げ出してなかなか見つからなかった。

 

 

警察に息子を売った父親

そんなある日、突然、力也の住んでいたアパートに警察が家宅捜査で押しかけてきた。

覚せい剤を売っていると垂れ込みがあったという。

アパートには注射器や覚せい剤があり、力也はその場で現行犯逮捕された。

 

力也は語る。

「後でわかったんですが、親父が自分を守るために警察へ俺を売ったんですよ。実の子をだまして金を搾り取った挙句、命を狙われたからって警察に売るなんて最悪な奴です。心から殺してやりたいと思った。

1年間少年院に入って出てきたら、親父はとんずらこいていたし、俺は仲間からウソつき呼ばわりされた。俺が仲間たちをだましていたみたいに思われていたんです。それで地元にいづらくなって出ることにしたんです」

 

 

暴力団員として生きる難しさ

その後、力也は関西にわたって暴力団に入った。

だが、暴対法によってシノギが削られている中で、暴力団員として生きていくことの壁にぶつかり、わずか3年ほどで組を離れることにしたのだという。

 

今は、ガールズバーの経営者になっている。

「自分が組に入って、親父の立場も少しは分かったかなと思いますね。今の末端のヤクザはガキにクスリを売ることくらいしか商売にならないんですけど、組の方からは常に金、金、金と要求されてばかり。その上、ヤクザをやってても暴対法でつらい思いをするだけで、見返りはまったくといっていいほどない。

そんな中で生きていくには、もう自分の子供をだまして金を搾り取るしかない。俺はそこまでしたくなかったから組を抜けたけど、これまでどっぷりヤクザをやってきた人は今さら別の生き方をしろっていってもムリでしょうね」

 

冒頭で述べたように、暴力団員は暴対法によってしめつけられ、末端の組員は生活すらままならなくなっているのが現状だ。

一部の者たちは覚せい剤の売買などで何とか食べているが、自身が依存症になっているケースは少なくない。

 

こうした家庭では、子供を取り巻く環境は否応なしに劣悪なものになっていくし、親が子供を捨てるケースというのは、一般の家庭よりはるかに多くなるのは必然だ。

 

むろん、暴力団員の子供の全員が全員こうなるわけではない。

中には立派な社会人になる人もいるだろう。

 

だが、暴力団を締め付けるのであれば、それと同時に子供の救済方法も考えていく必要がある。

今の国の政策の中に、それが十分に盛り込まれているとは到底言い難く、見えないところで少なくない子供たちが犠牲になっているのが現実なのである。

 

 

 

-事件・事故, 国内
-,