野獣・松本薫が第2の人生電撃発表

 

柔道女子57キロ級のロンドン五輪金メダリストで、“野獣”の異名を誇った松本薫(31)=ベネシード=が7日、都内で引退会見を行った。

 

自由奔放な“野獣”らしい引退会見となった。

冒頭いきなり「本日は寒くない中…」と意表を突く挨拶で始まった会見。

 

引退後の第2の人生について問われると、「アイスクリームを作ります!」と、突然宣言。

真意を問う質問者に再び「アイスクリームを作ります!」と畳みかけた。

 

所属先のベネシードの事業の一環で、「Darcy’s」というアイスクリーム屋さんが高田馬場でオープンするそうで

「2月12日にオープンします。ぜひ皆さんきてください。ロンドン五輪の時にパフェを食べたいと言ったと思うんですけど、毎日食べても大丈夫なアイスクリームが欲しかった」

と、笑顔で語った。

ベネシード関係者によると、松本は店長などではなく、1スタッフとして勤務する予定で、商品開発や、店頭にも立つという。

 

松本は

「これまでは柔道で皆さんを笑顔にしてきたけど、これからはアイスクリームで勝負して1人1人を笑顔にしたい」

と、今後を見据えた。

ちなみにおすすめは「豆乳焦がしキャラメル」だという。



柔道のコーチなどをする予定はなく、講演や助言などするというが、柔道とは距離を置く考え。

東京五輪についても「世界中の人たちがアイスを食べに来てくれたらうれしい」と、笑顔で話した。

 

松本は銅メダルだったリオ五輪後に結婚し、17年6月に第1子となる長女を出産。

「ママでも金メダル!」と公言し、産後1カ月で練習を再開し、20年東京五輪を目指して競技に復帰した。

しかし昨年11月の講道館杯全日本体重別選手権で1回戦負けとなり、東京五輪代表入りが絶望的となっていた。

 

 

松本薫(まつもと・かおり)

1987年9月11日、石川県金沢市出身。

初出場の12年ロンドン五輪で金メダルを獲得し、野性味あふれるスタイルから「野獣」の愛称で親しまれた。

16年リオデジャネイロ五輪では銅メダル。世界選手権は10、15年に優勝。

リオ五輪後に一般男性と結婚し、17年6月に第一子となる女児を出産した。

帝京大出身で現在はベネシード所属。

得意は大外刈り、小外刈り、寝技。163センチ。

 

 

 

-スポーツ, 話題
-, ,