「武井壮」が町田の暴行教師問題で珍しく炎上

 

大半のコメンテーターは生徒を批判

武井壮(45)のツイッターが炎上に近い状態で、珍しいとの声が上がっている。

確かに、ネット上では“オピニオンリーダー”の側面を持っていた。

批判を集めているのは、都立町田総合高校で起きた暴行問題に対するツイートだ。

***

 

初報に遡れば、1月18日、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系列)がスクープとして取り上げ、教師が生徒を殴る様子を撮影した動画を放送した。

これにマスコミ各社は一斉に後追いの報道を行った。

例えばNHKは「都立高校教諭が体罰 暴行映像がネット上に 倒れた生徒引きずり回す」と伝えている。

 

《ツイッターには、都立町田総合高校で男性の教諭が生徒に暴力を振るう様子を撮影した映像が投稿されています。

生徒を壁際に追いやったあと、顔を平手打ちし、床に倒れた生徒の腕などをつかんで引きずり回しています。

このあと、慌ててやってきた複数の生徒が止めに入りますが、男性の教諭は、その生徒たちに対しても「なんだよ」などと大声で叫んでいました》

 

ところがネットでは、メディアの“動画編集”が次第に問題視されていく。

アップされた“ノーカット版”を閲覧すると、生徒と思しき人物の「ツイッターで炎上させようぜ」という発言が録音されていたり、被害者の生徒が殴られる前、教師に「どう落とし前つけんだよ」、「脳みそねえのかよ」など罵声を浴びせる場面が含まれていたからだ。

 

18日は金曜で、土日を挟んで週明け月曜の21日に、ワイドショーがさらに動く。

例えば、午前8時からの「スッキリ」(日本テレビ系列)では「暴力は絶対にいけない」を前提としながらも、教師を擁護し、生徒に厳しい見解を示す発言が多数を占めた。

 

東スポWebが同日に掲載した「加藤浩次 暴行教師挑発の生徒に怒り『大人なめんなって話』近藤春菜も『この生徒も暴力』」の記事から引用させていただく。

 

◆榊原郁恵(59)「あの言葉遣いは先生に対して大変失礼。注意すべきところがあった」

◆近藤春菜(35)「隠し撮りをして、かなり挑発している。この生徒も暴力、この行為も暴力じゃないかと思う」

◆杉山愛(43)「本当に言葉の暴力。怒らせて手を出させるまで言おうって覚悟している」

 

MCの加藤浩次(49)は、生徒が教師を挑発した可能性もあるとし、「生徒も裁かれるべき」と主張、「大人なめんなって話ですよ」と切り捨てた。

 

また、午後1時45分からはフジテレビ系列の「直撃LIVEグッディ!」がオンエア。

やはり町田の問題を取り上げた際、三田友梨佳アナ(31)が「これで先生だけが、もし処分を受けて、生徒は何も処分を受けないというのだったら、生徒が守られすぎかなと思います」と疑問を表明した。

 

さらに翌22日は、午前11時55分からの「バイキング」(フジテレビ系列)が注目を集めた。

スポニチアネックスと東スポWebの報道から、コメンテーターの発言をまとめさせていただく。

 

◆ヒロミ(53)「暴力をしちゃいけないとか、どういう対処法があるか僕にはわからなくて。(略)このガキども、連れてきてくれたら1回シメてあげたいな。全員まとめて。本当に大人をなめてんなというか、こいつらは生徒としての資格はないよね」

◆YOU(54)「教師だから全く手を出しちゃいけないのは困る」

◆伊達みきお(44)「普段殴り慣れていない先生の殴り方。よっぽど頭に来たと思う」

◆高橋真麻(37)「あんなの見てたら一発、見舞ってくれて、こっちがスカッとした感じ。もし自分の息子が先生に向かってあんな口の利き方してたら『先生1発、殴ってください』っていう気持ちになっちゃうんですよね」

 

MCの坂上忍(51)は、生徒たちの「計画的犯行にしか僕は思えない」と感想を述べ、「生徒に非はない」との考えを示した校長に対し、「この学校で先生やる気にはならないだろうな、こんな守ってくれない学校」と批判した。

 

こうした“世論”の中、武井壮が“参戦”したのは23日。

以下のような批判がツイートされたことに反応したのだ。

この記事でツイートの引用は、改行などに修正を加えるが、誤字などはそのままとした。

 

《あれだけ体罰に対して偉そうに能書き垂れてた武井壮、今回の件はノーコメント。有名芸能人が教師かばったらこれだよ。だせーわ。だから偽善者なんだよ。デヴィ夫人や極楽加藤は間違ってるって言ってみろよ。いつもみたいに喧嘩腰で言えよ!!》

 

ちなみにデヴィ夫人は21日にブログを更新し、

《生徒の悪さは取りあげず、頭から先生を非難した校長は教育者として失格。この人こそ責任をとって辞職すべき。こんな生徒を野放しにしていた責任を取るべきです》

などと批判していた。

 

それにしても、批判のツイートは相当に言葉づかいが口汚いが、武井も負けじと粗野な文言で反論する。

《体罰なんか最初からひたすら絶対にノーだってずっと言ってんだろ! 誰が擁護しようがオレは絶対に体罰なんか認めねえわ!!! 体罰を反対する事が偉そうな事か?人間として当たり前のことだろ?分からねえのか?》

 

これには前段がある。

昨年18年8月、体操の宮川紗江選手(19)が、当時の速見佑斗コーチ(35)から暴力を受けていたという問題が浮上した際、武井はスポーツ界に暴力が蔓延していると厳しく非難したのだ。

 



9月10日のツイートをご紹介しよう。

《スポーツ教えるくらいの事で大人が子供殴っていいわけねえだろう。よく考えろ本当に、街で大人が子供殴ったら即通報で逮捕だよ。それが『スポーツ教える』が乗っかったくらいでチャラどころか『素晴らしい指導』になる訳ねえだろう。スポーツやってたらなんかいい事してるみてえな空気で正当化するなよ》

 

こちらのツイートは圧倒的な賛意を得たのだが、町田のほうは必ずしも武井に賛同する意見ばかりではなかった。

 

いくつかご紹介しよう。

《鉄拳パンチは男として妥当だと思って見ましたけどねーー。明らかに喧嘩ふっかけてきて、教師、大人をなめくさって馬鹿にしてる行為でしたよね。一方的な理不尽な指導とは違いましたよね。先生も体罰がいけない事は百も承知で選んだ行動だと思いました。体罰の定義は何かって事ですね。》

《もちろん、体罰は悪いことです。でも、生徒から脅迫されてもずっと黙っていることなどできません。現場を見ていない筋肉だけのバカなんて相手にしない方がいいですよ》

 

止まらないツイートと反論

1月24日、武井は第2弾のツイートを行う。これがツイッター上で論争状態になっていく。

《生徒が悪かろうが、愚弄されようが、狡猾なやり方で追い込まれようが、どんな良い先生だろうが殴ったら駄目なんだ 生徒を擁護する理由なんか1つもない、先生は悔しかっただろうし怒りもあっただろう、生徒の事を思ってかもしれない、けれど殴ったら駄目だ。それ以外の方法で対応しなきゃ駄目なんだよ》

 

武井の考えに賛同を示すツイートも決して少なくない。

だが、異論が次第に数を増していったのは事実だ。

 

その一部をご紹介しよう。

《全然わかってねーよ。あれのどこが体罰? 教師完全に切れてんじゃん! 喧嘩なんだよ。立場的には生徒の方が上。教師が弱者なのね。あれを体罰と感じる感性がずれてる。暴力はダメ!!という内容を論ずる案件じゃないんだよ。蔑ろにされてる教員の人権とか安全管理だとかに目を向けな》

《熱血指導の言葉で教えても通じない生徒ましてや今回の生徒みたいな連中が増えないよう、法的処置も国は考えて欲しい。武井さん理想論ばかりじゃやってけないよこの世は!》

《海外あるあるだと停学なるよ。授業妨害は他の生徒の迷惑なるし。米国だとスクールポリスが来て逮捕されて罰金刑食らうよ。この当たり屋高校生は炎上商法しようとして逆に顔バレで個人情報さらされて一生ネットに残るというブーメラン黒歴史作って小さな脳味噌で学習なう》

 

相次ぐ異論を問題視したのか、武井は23日から、この問題に関して50件以上のツイートを行う。

サンスポ(電子版)が26日に「武井壮、体罰動画問題に涙の22連投…炎上も『折れません』」と記事にしたほどだ。

 

武井が24日から掲載したツイートの一部を、時系列に沿ってご紹介しよう。

 

1つを除き、書き出しの引用とした。

《暴力で抑えたって、相手を傷付けて更に自分自身の人生も傷付ける》

《ツイートぐらいで書き切れるものじゃないから、これからスポーツや教育、そして若者達との触れ合いの中で示していきたいし話していきたい》

《会社で言うこと聞かない部下をぶん殴ったらクビだろう》

《『殴っていう事を聞かせる』事の代案、具体案を出せ?そうじゃないと思う》

《『人を殴るな』は綺麗事でもなんでもありません》

《生徒の言葉使いは何ひとつ擁護に値しない。でもさ、もしあと50センチ後ろに倒れて柱の角で頭を打って亡くなったり、障害を負ったらあの先生の人生は一生償いで終わるんだよ》

《これで暴力による指導を容認して全国の5000校近くある高校で毎週1件それがあっただけで250000回近く生徒が殴られる事にはなる》

民放キー局で、番組制作に携わる関係者は「武井さんに批判が集まるという意外な展開には驚いています」と打ち明ける。

 

「ツイッター上での挑発に乗ってコメントしたという端緒が目を惹きます。武井さんは教師に冷静さを求める主張を展開したわけですが、ご自身が冷静さを欠いているところを揶揄されたりもしました。1度発言するとたがが外れたのか、2度、3度と持論を熱く語りましたが、必ずツイートで反論や批判されました。

武井さんの発言は常に賛同者が多いイメージがありましたが、この問題は通常とは違うようです」

 

武井壮は1月26日の午後8時13分に「すげえな大坂なおみ!! メジャー2勝目おめでとう!!!」とツイート。

暴力問題に関する言及は終わったかと思いきや、1月27日午前11時現在、最新のツイートは町田高校に関するものだ。

《その暴力による死亡や後遺症の責任は誰が負い、遺族の心痛、加害者とその家族の生涯における責任を考えると僕はとても暴力を容認する事はできません。実際に体罰による死亡や自殺の事故も存在しています。解決すること、無事であること、死亡すること、その全てが偶然の結果であるからです》

 

これに寄せられた反論の一部をご紹介しよう。

《武井さんの考えがそれならそれで良いと思います。けど殴る殴らないの前に生徒が先生に対して言葉の暴力してません?殴るのがダメなら言葉の暴力は許されるのかな?言葉の暴力でこそ人を自殺に追い込んだりする事だって出来るのに》

《暴力を否定するのは当然だが、教師、やらかした生徒の心情を考えると、教師の行動は非難すべきではない! あのシーンに至る生徒の日々の行動を私を含め貴方は知っているのですか? 教師として何十年を経験し、生活指導をやっていた先生です。答えを出さない不毛な意見は辞めよう!》

 

最後に、武井への賛成意見も紹介しておこう。

《武井さんのおっしゃりたいこと、分かります。生徒が教師に不当な事をした、ということと、教師が生徒に暴力を振るって良い、ということは別問題なのに無批判につなげて容認する意見がとても多いことに不安を感じています。暴力はインスタントな手段で容易にコントロールを失うからこそ歯止めが必要です》

 

冒頭から見ていただいた通り、芸能界でも教師を擁護する意見は少なくない。

前出の関係者は「フジテレビの『バイキング』などで、擁護派と武井さんで論争を戦わせてほしいです」と提案する。

 

確かに多くの視聴者が注目するだろうし、社会的意義もあるのではないだろうか。

 

 

 

-エンタメ, ゴシップ, 事件・事故, 国内, 話題
-, ,