大河ドラマ「いだてん」高齢者を置いてけぼり

 

13日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜20時~)の第2話の平均視聴率は12.0%と初回の15.5%から3.5ポイントもダウン。

不人気を裏付けるようにネット上では

「大河っぽくない」

「場面が目まぐるしく変わり過ぎ」

「高齢者置いてけぼり」

など、批判的なコメントが相次いだ。

 

「いだてん」はマラソン選手の金栗四三が初めて五輪に参加した1912年から、新聞記者の田畑政治が東京五輪を成功させた1964年までを描いたストーリー。前半の主人公・金栗を中村勘九郎(37)が演じ、後半の主人公・田畑を阿部サダヲ(48)が演じる。

試写会後の会見で1話について中村勘九郎は

「ものすごい一年が始まるぞ、と宮藤さんが視聴者に叩きつけた挑戦状のような感じ」

と語ったが、視聴者には今のところ受け入れられていないようだ。

 



脚本の宮藤官九郎(48)は「あまちゃん」(NHK)や「池袋ウエストゲートパーク」(TBS系)、「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)などの話題作を多数手掛けてきた。

視聴率も期待していたはずだが、「NHKは視聴率より話題性を優先したのでしょう」とコラムニストの桧山珠美氏がこう続ける。

 

「クドカンは記憶に残るが記録に残らない脚本家と言えるかもしれません。名作はたくさんありますが、決して高い数字を取ったわけではありません。NHKがクドカンを起用した狙いは将来的に若者の視聴者を呼び込むためでしょう。『西郷どん』の視聴率を見ても、最近の大河は作品の内容が悪くなくても数字に結びつかない傾向があります。テコ入れを考えて、朝ドラ『あまちゃん』で若い視聴者の発掘に成功したクドカンに大河をお願いしたのでしょう」

 

今回は実験的な意味合いもあるので、視聴率うんぬんではないということか。

 

「ストーリーのテンポの速さや情報量の多さに、高齢者がついていけず嫌気を差し、視聴率はひと桁にまで下がる可能性もあります。もっとも、低視聴率の方がいろいろと新しい試みができるので好都合かもしれません。紅白の目玉のように、少しずつサプライズを発表し、若い人向けに話題を広げていくと思います」

 

クドカン起用はNHKの戦略の一環のようだが、“ザ・大河”を楽しみにしていた視聴者にとってみれば迷惑な話かもしれない。

 

 

-エンタメ, 話題
-,