広瀬すず大失態に落胆の声…下手すぎ紅白司会

 

やはりムリだったのか――。

平成最後の「NHK紅白歌合戦」で紅組司会を務めた広瀬すず(20)に批判と落胆の声が上がっている。

リハーサルでの囲み取材からすでに極度の緊張に襲われていたのか、表情はガッチガチだった。

前日のリハでは、aikoの紹介中、広瀬が「私、aikoさんがデビューした98年に生まれたんです」とカンペ通りに発言し、総合司会の内村光良が「ブッこんできたね~」とアドリブで受けると、一瞬ムッとした表情で「だって(カンペに)書いてあるから!」と余裕のなさをムキ出しにして、ヒネリも何もないガキのようなリアクション。

これには内村も白組司会の桜井翔も苦笑せざるを得なかった。

いざ本番となっても、終始グダグダでやらかしまくり。

オープニングトークでは、広瀬「人生初の司会ですので、頑張って務めていきたいと思います」、内村「人生初の司会が紅白ってトンでもない人生だからねー」のやりとりまではお約束通り。

しかし、その後はボーッとした表情でイヤリングを直している様子が全国に映し出されてしまったり、カンペ棒読みなのがミエミエ。

「欅坂46」の曲紹介では、あまりにスローテンポだったため、途中で画面が切り替わるというハプニング。

揚げ句、曲終わりには「乃木坂46のみなさん、ありがとうございましたー」と名前を間違える大失態。



ネット上のファンは“放送事故レベル”だと大騒ぎになった。

■キャスティングミスではないのか

翌日のブログでは「ど緊張とかではなかったですが、やっぱりどこかで力が入ってて踏ん張ってたところがあって。正直もう、アドレナリンが凄くて鮮明に覚えてないところもあったり、いや、覚えてるんだけど、夢見てるみたいなふわふわな感じで……」と言い訳したが、後の祭りである。

かつて綾瀬はるかが紅白司会を務めたときのような“天然”“マイペース”といったほほ笑ましさとは程遠く、明らかに力不足のキャスティングミスではないのか。芸能ジャーナリストの城下尊之氏はこう語る。

「まあNHKは、彼女の19年上半期の朝ドラ主演を1年以上前に発表したくらいですから、彼女には相当期待していたんでしょうね。しかし、18年1月期の日テレの主演ドラマが大コケしてしまった。それで慌てたNHKが番宣のためにキャスティングしたという事情があるのでしょう」

確かにここ数年、朝ドラや大河ドラマのヒロインが紅組司会を務めるのが定番となっているが、堀北真希(12年=当時24歳)、綾瀬(13、15年=同28、30)、吉高由里子(14年=同26)、有村架純(16、17年=同23、24)の中でも、20歳の広瀬の若さは突出している。

二の腕ムキ出しの衣装が男性ファンを喜ばせたことは確かなのだが、“若さゆえ”の力不足・経験不足を露呈し、視聴者をガッカリさせてしまったら元も子もない。

 

司会失格の後遺症はかなり尾を引きそうだ。

 

 

-エンタメ, ゴシップ, 話題
-, ,