桑名正博さん自称息子騒動・DNA鑑定表明

 

12月27日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」に、桑名正博さん(享年59)の息子を自称する桑名乃羅氏(42)が生出演した。

乃羅氏の存在が世に知れ渡ったのは今月中旬。

番組が報じたところによると、乃羅氏は背中に「全国行脚中」と書いた服を着て各地に出没。

「桑名正博の長男で、乃羅(のら)です」と名乗っていたという。

また福島の地元FM局番組や三重・四日市市内の飲食店などで、桑名さんのヒット曲「セクシャルバイオレットNo.1」などを熱唱。

三重・四日市市の飲食店では客から“おひねり”を受け取ったり、知り合った人から旅費を無心。さらには、金銭トラブルも起こしていたというのだ。

 

「報道が出ると、あっという間にインターネット上に“被害”が書き込まれました。テレビ各局のワイドショーにも、全国各地からタレコミの電話が入るようになったと聞きました」(芸能記者)

 

同番組で乃羅氏は



「先にSNSが出て、メディアが出て、便乗して出てくるのが多かった。リアルに会った人とかいっさいない。金銭トラブル自体もほとんどなかった」

とトラブルを否定。

 

また桑名さんの息子を名乗るまでの経緯については、

「昨年、大阪でパパの幼なじみがくる店で『もう名前出してもいいんじゃないか』と言われた」

と明かした。

 

さらには、DNA鑑定に応じることを拒否しない意向を表明。また番組出演後、桑名さんの長男で歌手の美勇士(37)と初対面するという。

 

「世間からは“ニセ息子”との声も上がっていますが、本当の息子だった場合は遺産相続など新たな騒動が勃発しそうです。DNA鑑定の意向を示したことで、ワイドショーも絶好のネタとしてさらに注目しています」

 

 

-エンタメ, ゴシップ
-, ,