藤原恭大は規格外 中学野球部“1日でクビ”伝説

 

最強大阪桐蔭で4番を張った藤原恭大(ロッテ1位・外野手・18歳)は中学時代、野球部を1日で“クビ”になっていた。

母校、豊中第五中学校で野球部顧問だった青木裕教諭(社会科)はこう話す。

「彼は外部のチーム(オール枚方ボーイズ)に入っていて、野球部には入っていませんでした。2年生になったある時、彼の友達が『恭大を呼んできていい?』と言って(中学の)野球部に連れてきた。そこで僕と軽~くキャッチボールをしたら、『バチーン!』と、ものすごい衝撃。

球もめちゃくちゃ速い。そんなボールを放ってきて万が一、生徒が目を離して顔に当たったら大変やと。聞いたらMAX138キロは出ていたらしく、『もう少しで140キロやねん』と言っていました。バッティングも規格外で、うちはグラウンドも広くないし、特にライトが狭いので、場外に本塁打ガンガン飛ばされたら終わりやなと思いました(笑い)。すぐに『悪いこと言わん、そのまま外部のチームでやってくれ』と頼みましたね。彼の中学野球部生活は、その1日で終わりです」

 

部活動の枠に収まらないビッグな素材は父親譲りだ。

現在、大阪府豊中市内で建設業を営む父・史成さん(43)は元高校球児。

「野球は趣味程度です」と謙遜するが、5年前まで藤原が豊中市立原田小学校時代に所属していた少年少女野球クラブ「園和北フレンズ」で監督を務めていた。

 

周囲を驚かせた才能にも

「(恭大は)小中学校とも特別野球がうまいわけじゃなかったですし、全然一番になれなかった。決してずばぬけていたわけじゃありません。(中学時に所属していた)枚方ボーイズでも、同級生に小園(海斗=広島1位)くんがいて、彼の方が断然目立っていました」

とシビア。

 

枚方ボーイズの田中直樹監督はこう言う。

「お父さんは野球経験者ということで、3年間、一緒にグラウンドに入って練習を手伝ってもらいました。父親が厳しいと子供は母親の方へ逃げがちになるんですが、藤原のところはお母さんも厳しくて、お尻を叩いて厳しくやられていました」

 

母・道子さん(42)は専業主婦。

厳しくも、藤原が高2の秋に右膝を負傷した際、ケガで焦る息子を病院の送り迎えの道中で励ましたという。

 

史成さんが続ける。



「練習は毎日させていましたね。(チームでの)練習が終わった後、夜に家の前でバットを振らせたり、走り込みさせたり、バドミントンの羽根を投げて打たせたり。バランス感覚を養えますから」

 

■兄に誘われPLに入学するはずが…

練習は決まって、2歳上の兄・海成さんと一緒だった。

海成さんは現在、大阪経済法科大野球部に所属。

中学時代は弟とは別のチーム「兵庫尼崎ボーイズ」で外野手としてプレーし、PL学園へ進学した。

 

1年のとき、PLは大阪大会準優勝を果たし、「一緒に甲子園へ行こう」と弟をPLに誘う。

しかしその直後、PLは新入部員の募集停止を発表した。

 

「(恭大は)運も良かったんだと思います。もちろん、ここまで来られたのは本人の努力の成果もあります。一度も野球をやめたいとは言わなかったし、学校も皆勤賞でした」(史成さん)

 

前出の青木教諭も

「前へ出て目立つタイプではないけど、陰で努力している子という印象でした」

と言ってこう続ける。

 

「友達との約束に遅刻してくることもあると聞いて、何でやと思ったら、友達に『素振りしてから行く』と事前に伝えていたとか。決めたことはきちんとやり遂げる意志の強さを感じました。

実は僕、腕相撲に自信があって、休憩時間に生徒が挑んでくるんですが、彼もそのひとりでした。最初に対戦したとき、僕が勝ったんです。でも2カ月後、また挑戦を受けたときは一瞬で負けた。それから一度も勝てていません。悔しさをバネに研究してきたんやと思います。毎回、右手同士の対戦で、彼の利き手は左手なんですけどね(笑い)」

 

 

-いい話, スポーツ, 話題
-, ,