事故で亡くなった城西大部員・・・青学大・原監督「命あっての君たち」

 

第95回箱根駅伝(来年1月2、3日)に出場する城西大の男子駅伝部員が23日に不慮の事故で亡くなっていたことが25日、分かった。

亡くなった選手は10日に発表された16人の登録メンバーには入っていない。

 

櫛部静二監督(47)は、

「私からお話できることはありません。大学広報にお聞きください」

と、沈痛な様子。

 

それを受けて大学広報は、

「23日夜、男子駅伝部員が友人と池袋で食事し、その帰りにひとりでトイレに向かったが、非常口から転落しました。

警察が防犯カメラなどで確認しましたが、トラブルはなく事件性はありません。

プライベートな時間での出来事なので、箱根駅伝出場辞退は考えておりません。

(主催の)関東学生陸上競技連盟には24日に連絡し、出場などの判断は大学側に委ねるとのことでした」

と説明した。



 

突然の悲報に、城西大は大きなショックを受けている。

さらに他大学でも同じ高校出身の選手がおり、悲しみが広がっている。

城西大は前回7位でシード権を獲得。今回は2年連続15回目の出場となる。

 

青学大原晋監督(51)は26日、相模原市のキャンパス内陸上競技場で急きょミーティングを行い、不慮の事故で亡くなった城西大の男子駅伝部員を悼み、選手には改めて命の大切さを訴えた。

練習を終えた後、原監督は全部員を集めると神妙は表情で話した。

城西大学さんで大変に残念な事故が起きました。ご家族、仲間、先生たちがどんなに悲しんでいるか…。残念で仕方ない。命を落としたら取り返しがつかない。命あっての君たちなんだ」

と選手に訴えかけた。

城西大の男子駅伝部員は23日夜に転落事故で亡くなった。

突然の悲報に、城西大は大きなショックを受け、他大学でも悲しみが広がっている。

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, , , ,