貴ノ岩暴行事件の後始末で男を上げた千賀ノ浦親方

 

どこぞの冷血漢とは大違いだ。

 

付け人への暴行が発覚し、今月7日に引退会見を行った貴ノ岩(28)。

そんな“弟子”の後処理で話題になっているのが、師匠である千賀ノ浦親方(57=元小結隆三杉)だ。

 

去る11日、部屋のホームページで「応援して下さる皆様へ」という出だしで、直筆の文章を紹介。

「貴ノ岩は自ら引退という決断を致しましたが彼の人生はまだまだこれからも続いていきます

どうかこれからの貴ノ岩を皆様の温かいまなざしで見守って頂けましたらと願っております」

など、貴ノ岩に対しての愛情をにじませた。

 

半ば貴乃花(46)に押し付けられるように弟子を預かり、約2カ月。旧貴乃花部屋の力士を迎え入れたときは、同様に手書きで「どの子も我が子」と書いていた。

早々に問題を起こした貴ノ岩を非難するどころか、「我が子」に対する情があふれんばかりだ。

 

現役時代は二子山部屋に所属し、突き押しを武器に小結まで出世。

ずんぐりむっくりの体形で、「ドラえもん」の愛称があった。えびすこが強く(相撲用語で大食感の意味)、あるときは焼き肉75人前をペロリ。

満足したのかと思いきや、「アゴが疲れたからやめただけ」と平然と言い、周囲を仰天させた。

 



ある親方は「性格的には悪い部分を探す方が難しい」と、こう話す。

 

「昔から温厚で優しい方ですね。貴乃花の兄弟子という縁もあって、藤島、音羽山、常盤山と名跡を変えながら、長く貴乃花部屋の部屋付親方をやっていた。面倒見がよく、力士も悩み事があるとまず、千賀ノ浦さんに相談に行っていたくらいです。

気さくで偉ぶらない性格なので、貴乃花部屋の力士からは父親のように慕われていた。57歳の今でも、力士と一緒に四股を踏むなど自ら基礎を教えている」

 

■「オレの部屋を継ぐのはアイツだけ」

2016年に千賀ノ浦部屋を継承。この部屋は先代・舛田山(現常盤山親方)が起こした出羽海一門の部屋だ。それをなぜ、貴乃花グループの親方が継いだのか。

「それも人柄ですよ。舛田山さんが名古屋場所担当部長時代、千賀ノ浦さんはその下について職務をこなしていた。仕事ぶりは丁寧で、非常にマジメと評判でしたからね。舛田山さんに『オレの部屋を継ぐのはアイツしかいない』とすっかり惚れ込まれ、部屋継承となった」(前出の親方)

 

そんな人情味のある千賀ノ浦親方を見るにつけ、際立つのが貴乃花の異常さだ。

「我が子」貴ノ岩を「今後10年会わない」と拒絶。

入門から育てた自身の責任には一切触れず、「(今の部屋では)抑えが利いてなかったのかな」とまで言った。

自分の部屋を勝手に閉めて、弟子を千賀ノ浦親方に引き取ってもらいながら、暴行事件の責任をおっかぶせた。

 

貴乃花は指導こそ厳しかったものの、これでは口癖の「相撲道」に反するどころか、親方としても人としても失格。

親方を退職したあとも人前でペラペラしゃべる姿を見て、元貴乃花部屋の弟子たちはどう思っているのだろうか。

 

 

-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, ,