人気写真家・柳内良仁氏 わいせつ行為の悪評

 

ツイッターのフォロワー数が15万人を超えるインフルエンサーで、人気カメラマンの柳内良仁氏(25)。

彼が開催する“ホームパーティ”に参加したことがある女子大生らが「週刊文春デジタル」の取材に応じ、その乱倫なる実態を打ち明けた。

 

柳内氏は元AKB48の板野友美(27)やりゅうちぇる(23)など多くのモデルやタレントを撮影しSNSにアップ。

10代~20代の女性を中心に圧倒的人気を誇る。

 

柳内氏はモデルやタレント志望の女性に声をかけ、ホームパーティを頻繁に開催している。

だが、そこでは未成年飲酒やわいせつ行為が横行していると芸能関係者やモデルの間で悪評が立っている。

実際に“乱倫ホームパーティ”に参加したことがあるという女子大生(22)は、芸能活動をしていたわけではないが、写真やモデル活動には以前から興味があったという。

 

2017年2月中旬、「素人の方でも写真を撮ります」とモデル募集をしている柳内氏のツイートを見て、興味を持ち、そのツイートをファボ(お気に入り)に登録すると、本人からダイレクトメッセージ(DM)がきた。

パーティに参加した男性は柳内氏を含めて4人、対して女性は7人。最初はリビングでお酒を飲みながら仕事の話をしていたが、1時間ほどすると、みんなで別室に移動。

移動した先は寝室で、キングサイズのベッドの上で輪になって酒を飲むことになったという。



 

「柳内さんは布団の中で女性をまさぐっていたりとか、手を繋いでいたりとか常にベタベタしている感じでした」

 

また、当時高校3年生だった現在20歳の女性は2016年1月頃、同じような手口で“乱倫ホームパーティ”に誘われた。

 

柳内氏は彼女が未成年だと把握しているにもかかわらず飲酒を強要してきたという。

「最初の自己紹介で未成年だということは伝えています。私が未成年に見えなかったみたいで、『まだ10代なんだ。全然見えないね』っていう話をされました。ゲームの罰ゲームとして一気飲みをするということもあり、コカレロ(ハーブ酒)を何かで割ったやつとか、リキュールで割ったやつとかを飲んでいました」

 

11月27日(火)、柳内氏を直撃すると、定期的に“ホームパーティ”を開いていることは認めたが、性行為や未成年飲酒に関しては否定した。

柳内氏が開くホームパーティの乱倫なる実態については、「週刊文春デジタル」のオリジナル記事で詳報している。

 

また参加者のインタビューや柳内氏への直撃を収めた関連動画も同サイトで公開中だ。

 

 

-エンタメ, ゴシップ
-,