まるで夜逃げ?GACKTコイン「スピンドル」が日本撤退

 

通称「ガクトコイン」と呼ばれる仮想通貨「スピンドル」の企画・販売を行うB社が今月15日をもって、日本から“撤退”することを発表した。

 

B社は野田聖子総務相の“金融庁圧力問題”の当事者。

金融庁から無登録営業による資金決済法違反の疑いを指摘され、後日、野田氏秘書のアテンドで金融庁に説明を求めたことから「圧力をかけたのでは?」と報じられた。

 

スピンドルの広告塔を務めるのは人気歌手のGACKT。

だが、5月に国外の取引所5つで上場したスピンドルは大暴落し、プレセールで1スピンドル(SPD)=30円だったものが、10日現在0・4円弱まで値を下げている。

これではGACKTを信じて購入した人は大損だ。

 

 

しかもGACKTら“胴元側”は上場直後に売り抜き、ボロ儲けしたとの報道も。

 

こうした不透明な取引に、警視庁のサイバー犯罪対策課が重大関心を示しているとは本紙既報通りだ。

 

そんな中での“日本撤退”。B社はホームページ上で日本オフィスを閉鎖し、本社をロンドンに移転すると発表。

 

理由について

「テクノロジー、デザイン分野に精通する我々のパートナー拠点が欧米に多く、彼らとのコミュニケーションを密にしていきたい」

「昨今の日本での金融界における規制や投資に対する考え方などを考慮した上で、日本でのビジネスをこれ以上拡大していくことは困難」

と説明しているが、うのみにはできない。

 

 

仮想通貨に詳しいIT関係者は

「スピンドルはGACKTが宣伝マンを務め、彼のファンを含む日本人を主なターゲットにしてきた。それが早々と日本撤退なら本末転倒。当局の捜査が迫る前に“夜逃げ”したような印象を受けます」

と話す。

 

B社は「プロジェクトに関わるアドバイザー人事等にも変更を入れ、一新していく」とも明言。

 

GACKTを“避難”させる気満々だ。

 

問題になっているのは通称「ガクトコイン」と呼ばれる仮想通貨「スピンドル」。

GACKTは立ち上げから関与している中心メンバーで、その知名度を生かし“営業”を担当。

数百億円の出資金を集めたというのは既報通りだ。

 

 

上場前のプレセール時のレートは1スピンドル(SPD)=30円弱。

ところが、5月19日に国外の取引所5つで上場したスピンドルは大暴落し、1SPD=3円弱と、価値が10分の1に。

1日現在の価格は0・3円弱で、ついに100分の1になってしまった。

 

 

「“胴元”側のGACKTは上場直後に数千万円分を売り抜けたといいます。これは草コインと呼ばれる無名の仮想通貨を使ったICO(資金調達)でよく見られる手口。『上場後に100倍になる』『あの有名人も出資している』などの売り文句で出資を募り、上場後に胴元側だけが抜いて荒稼ぎする。バックに半グレや反社会的勢力がいることも多い」

とは仮想通貨に詳しいライター。

 

「仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる技術で売買の履歴が残る。サイバー課はGACKTら胴元側の履歴を念入りに調べている」(同)

 

GACKTの事情聴取もあり得るだけに、本紙で伝えた通り、そうなればしばらくはテレビ界から“追放”だろう。

 

 

「芸能人格付けチェック」にはもう出れないんですね。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,