秋葉原事件・加藤智大の父「10年という節目の数字に意味ない」

 

児童虐待など「親の資格」を問われるような事件が頻発する一方で、子供の罪に向き合い、極限の生活をしている親がいる。

 

10年前に秋葉原通り魔事件を起こした加藤智大死刑囚(35才)の父親(60才)である。

 

青森県青森市の閑静な住宅街の中で、事件発生以来引っ越すこともなく暮らしている加藤死刑囚の父。

 

「近所づきあいが一切なく、話すこともない」

「夜でも電気すらつけていない。本当に生きているのかと思うこともある」

「ろうそくを灯して生活しているらしい」

 

近隣住人がこう口を揃えるように、他者とかかわらずに生きることを選んだ父親は、地域内ではいまだ“異質の存在”として浮いていた。

 

「でも、そうやって社会から離れつつ、町内会費だけはちゃんと納めてくれるんです。せめてもの償いなのでしょうか…」(近隣住人)

 

加藤死刑囚の弟は2014年に自殺し、母親は事件後に入院した。

事件を境に、文字通り崩壊した家族の人生。

 

仕事から帰宅した父親に話を聞いた。

 

 

──事件から10年という節目を迎えました。

「とくにお話しすることはありません。誰にも、なにも、話さないように暮らしていますので」

 

 

──どのような思いで事件当日を迎えましたか?

「いや、なにも…」

 

 

──昨今、同じような連続殺傷事件も起きています。

「…」

 

 

うつむきながら沈黙する父親だが、次の質問を向けると、応対が変わった。

 

──10年経って、今でも事件を思い出すことはありますか?

「…10年って、みなさんはそうやって節目、節目、と言いたがりますよね。でもね、私にとって10年経った、などという数字はなんの意味もないんです。私だけでなく、被害者のかたがたも含めて」

 

 

──今年はとくにそういった報道が多かったですが?

「いえ、新聞やテレビなどの報道は、一切なにも見ないようにしています」

 

 

──息子さんとはお会いしていないのですか?

「会っていないです」

 

 

──それはなぜ?

「…」

 

 

──弁護団とも会っていないのですか?

「はい、会っていません」

 

 

そう話すと、頭を下げて自宅に戻っていった。

 

呪いたくなるほど重い運命を背負いながら、それでも生きる親の姿がそこにあった。

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-,