本田圭佑が“神采配”に脱帽「僕が監督でもできなかった」

 

“0-1で敗れる”苦渋の選択――賭け的采配が成功、勝負師の一面を見せた西野監督

MF本田圭佑も衝撃を受ける采配だったようだ。

 

日本代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦で0-1と敗れた。

0-1と日本劣勢の試合中に他会場の情報が入り、消極的なパス回しに終始して会場からブーイングを浴びた日本だが、イエローカード2枚差でグループリーグ突破を決めている。

 

西野朗監督は賭けとも言える采配を見事に成功させたなか、本田は

「僕が監督でもこの采配はできなかった」

と脱帽した。

 

 

コロンビア戦とセネガル戦で同じ11人を送り出していた西野監督だが、ポーランド戦では6人の入れ替えを決断。

試合は後半14分に先制点を献上して1点リードされたなか、他会場でコロンビアが先制した情報が入り、日本はリスクを負って攻めるのを止めた。

失点とイエローカードを避け、“0-1で敗れる”という苦渋の選択に切り替えたのだ。

 

 

それも全てグループリーグ突破に向けた采配だったが、面白い試合を期待していた会場のファンは日本のリスクを負わないパス回しに大ブーイングを浴びせるなど、会場は騒然となった。

最終的に同時刻にキックオフされた他会場でコロンビアが1-0とセネガルに勝利。

 

日本はセネガルと勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果で並ぶも、イエローカード数を含めた「フェアプレーポイント」で上回り、辛うじて3度目の16強進出を決めている。

 

他会場の結果次第という他力本願の側面も含んだ采配で、“両試合ともこのまま終わる”という想定で下した一種の賭けだった。

そして、西野監督は見事に成功させ、勝負師としての一面を見せつけている。

 

 

グループ突破に「合格の範囲内」 西野監督の判断に感服「素晴らしい采配だった」

そんな指揮官の決断を手放しで称えたのが、この日出場機会のなかった本田だった。

 

「勝って1位通過から、負けて2位通過まで想定していた。合格の範囲内だったという意味では、すごくポジティブに捉えています」

とグループリーグ突破を評価した一方、西野監督の判断について次のように見解を示している。

 

「西野さんがすごくリスクを取りにいって、個人的には結果的に素晴らしい采配だったと思っている。僕が監督でもこの采配はできなかったっていうふうに客観的に見ていた自分もいた。結果が全てだと思います。西野さんは本当に凄いなと思います」

 

本田は選手目線だけでなく、監督目線でもポーランド戦を見ていたようだ。

 

僕が監督でもできなかった――。

 

薄氷を踏むような西野監督の“神采配”に本田も感服していた。

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, ,