片山晋呉の謝罪「こんな誠意のない礼を初めて見た」

 

プロゴルフの片山晋呉選手(45)らが謝罪会見を開いた。

 

プロアマ戦で片山の態度にアマ参加の男性が憤慨した件で、処分が出たことを受けたもの。

 

この模様の一部がテレビで放送され、スポーツ紙(ネット版)も報じると、片山に対し、

「こんな誠意のない謝罪の礼を初めて見た」

といった批判が相次いだ。

 

片山が頭を下げている写真の一部には、両手をだらりと下げ、頭だけをひょこっと前に倒している場面のものもあり、こうした批判を増幅した側面もありそうだ。

日本ゴルフツアー機構は、公式サイトでも会見内容を報告した。

アマがパッティングをしている最中にパッティング練習

日本ゴルフツアー機構(JGTO)は2018年6月27日、定例理事会で片山に対し、厳重注意の処分を下した。

これまでに制裁金30万円の措置も取っている。

理事会後に片山らが会見を開き、経緯などを説明した。

 

会見の中で、同伴アマの男性がまだパッティングをしている最中に、片山が了解も取らずに「パッティング練習に終始した」ことが問題だった、との説明もあった。

 

 

片山は、会見冒頭で青木功会長らとそろって頭を下げたほか、何度か頭を下げる場面があった。

「同伴競技者の方に対し、非常に申し訳ありませんでした」

「自分の至らなかった点を反省し...」

などと謝罪や反省の弁も口にした。

 

 

片山の謝罪場面では、両手を体の前で合わせ、比較的深めに頭を下げている状態の時もあったが、両手をだらりと下に下げ、腰の折り方は浅く、頭だけをひょこっと前に倒している場面もあった。

 

 

こうした場面の写真がニュース(ネット版)で報じられた影響もあってか、ツイッターには、

「こんなに誠意のない謝罪の礼を初めて見た」
「謝罪会見見たけど全然申し訳ないと思ってないだろ」
「反省の気持ちが伝わってこなかった」

といった批判が続出した。

 

中には、

「片山プロ悪くないじゃないか。一緒に回ってた人がマナー悪いだけだろ」

と擁護論もあったが、

「まるで悪いと思ってなさそう」

といった感想を書き込む人が相次いでいた。

 

 

 



-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-,