九州大学に5億円を寄付した男性「私は財産ゼロで終えます」

2018/06/27

 


九州大に5億円寄付した中本博雄さん

 

 

若い頃から一心に学び、働いた。

ただ一つ、得られなかったもの。

 

大学の学びを、学生たちに悔いなく送ってもらおうと今春、九州大に5億1600万円を寄付した。

「お金は残すよりも、世間に役立たせたい」

と話す。

 

清貧を重んじ、こつこつとためた。

 

戦前に生まれ、旧満州から終戦翌年に引き揚げた。

数学や科学が好きで小倉西高時代、恩師から九大への進学を勧められたが、家が貧しく父親の了承が得られなかった。

 

それでも育ててくれた親への感謝の気持ちは強く、親が営む個人商店で「客の笑顔のため」に、27歳まで無給で働いた。

 

断ち切れない勉学への思い。

独学を重ねて身に付けた知識を基に、静電気を利用したコピー機の試作機を作り上げ、米国と日本で特許を取得した。

「失敗しても失敗してもあきらめない。執念を持ち続けて頑張れば道は開ける」。

取得した特許は「大学の卒業証書みたいなもの」と笑う。

 

 

福岡市で創業した会社が成功。

 

経営は次男に譲り、

「これからは夫婦2人の生活費と病院代だけで十分」

と言う。

 

かつて進学を目指した九大への寄付を、妻稔恵さん(74)も快諾した。

 

日本における寄付文化の醸成に貢献したい、との思いもある。

 

 

寄付の使い道について九大は奨学金制度「中本博雄賞」を創設し、来年度から20年間、学生たちの留学費や給付型奨学金に充てる。

 

「執念を持って勉学に励む若い人に渡した方がお金は生きる。私は財産ゼロで終えます」

 

福岡市内で稔恵さんと2人暮らし。

80歳。

体操や散歩で体力維持を図っている。

 

 

カッコ良すぎますね。

 

 



-いい話, 話題
-,