バスケ審判殴った留学生帰国へ 人種差別的な電話相次ぐ 

 

「スイマセン、スイマセン」。

 

コンゴ民主共和国から来日した少年(15)は試合後、監督に抱き付き、校長にひざまずいて号泣しながら何度も謝ったという。

 

全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で延岡学園の留学生が審判を殴った問題で、同校は23日、少年の帰国を発表した。

問題発生直後から学校に人種差別的な電話などが殺到したことも、早期帰国を決めた一因だという。

 

 

学校が発表した処分は次の内容。

(1)寮で謹慎している留学生の留学を取りやめて6月中に帰国させる

(2)男子バスケ部は8月の全国高校総体(インターハイ)出場を辞退し、6月23日から3カ月間は対外試合を自粛する

(3)指導責任者として川添裕司監督(50)を25日付で解任し、教諭としても無期限の停職処分とする

(4)管理責任者として佐々木雅彦理事長(71)と佐藤則夫校長(65)、佐々木博之教頭(50)の給与を7月分から3カ月間、減給する。

 

 

学校は問題の原因について、

留学生本人とのコミュニケーションが不足

本人に対する日本文化や道徳の教育・指導が不十分

試合中の本人の異変をチームとして速やかに察知できなかった

――と説明。

 

この三つが今回の問題につながったととらえ、それぞれの責任を問うて処分を決めたという。

 


【もしもアフィリエイト】ってなに?


 

一方で、監督解任を聞いた本人が2年の先輩留学生と一緒に泣いてわびるなど、人間関係は良好だったと説明。

 

佐々木教頭は

「細かい意思疎通を図るための言葉を理解させる時間が足りなかった」

と話した。

 

 

留学生の多くに共通する仏語を話せる非常勤教職員を雇うほか、日本語を学ぶ週3時限の授業とは別に週3時限、メンタルケアやコミュニケーションの時間を設け、留学生の様子や要望を理解し意思疎通不足を解消するよう検討中という。

 

男子バスケ部は女子部監督らの下で24日に練習再開し、週1回のミーティングを義務付ける方針。

 

留学生受け入れ継続について佐藤校長は

「まだ白紙の状態だが、受け入れ態勢の確立にめどが立てば続けられる」

と話している。

 

 

学校によると、17日の試合で審判を殴ったニュースがインターネットやテレビ、新聞で流れると、翌18日から連日、人種差別表現を含む留学生への誹謗(ひぼう)中傷や暴力行使を示唆する電話やメールが深夜まで相次いだという。

 

佐藤校長は

「不測の事態もあり得るので本人を出来るだけ早く帰国させたい」

と懸念している。

 

 

-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-,